ファイナルファイト(スーパーファミコン)

【発売日】 1990年12月21日
【発売元】 カプコン
【価格】 8,500円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【中古】スーパーファミコンソフト ファイナルファイト2

【中古】スーパーファミコンソフト ファイナルファイト2
1,900 円 (税込)
評価 5
発売日 1993/05/22 メーカー カプコン 型番 SHVC-F2 JAN 4976219044493 関連商品はこちらから ファイナルファイト  カプコン 

【エントリーでポイント10倍!(6月11日01:59まで!)】【中古】スーパーファミコンソフト ファイナルファイト2 (箱説なし)

【エントリーでポイント10倍!(6月11日01:59まで!)】【中古】スーパーファミコンソフト ファイナルファイト2 (箱説なし)
820 円 (税込)
評価 5
発売日 1993/5/22 メーカー カプコン 型番 - JAN 8888888888888 関連商品はこちらから ファイナルファイト  カプコン 

【中古】【箱説明書なし】[SFC]ファイナルファイト(Final Fight)(19901221)

【中古】【箱説明書なし】[SFC]ファイナルファイト(Final Fight)(19901221)
840 円 (税込)
■タイトル:ファイナルファイト(Final Fight)■機種:スーパーファミコン■発売日:1990/12/21■メーカー品番:SHVC-FT■JAN/EAN:4976219042291■メーカー:カプコン■コメント:★必ずご確認ください★※こちらはパッケージや説明書などが「痛んでいる」もしくは「ない」商品です。(付属..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1989年12月よりアーケードで稼働していた『ファイナルファイト』のスーパーファミコン向け移植作品で、カプコンのSFC用ソフト参入第1弾作品となる。

ハードスペックやROM容量の制限からか、AC版からプレイヤーキャラクターやステージが削除されたりなどしている。

様々な制限があるので致し方ない所だが、AC版から比べて多くの要素が削除されている。

AC版ではプレイヤーキャラクターにはコーディー・ガイ・ハガーの3人がいたが、本作では3人のうち、ガイが削除されており、コーディーとハガーのいずれかから選択する形となっている。

ガイもまた強い人気があるキャラクターであったため、この仕様に反発の意見も多く上がった。

AC版でのステージ4であったインダストリアルエリアが削除されたことで、本作は全5ステージ仕様となっている。

AC版では可能であった2人同時プレイが廃止され、本作は完全1人プレイ専用となっている。

AC版では最大10人もの敵が一度に出てきていたが、本作は最大3人までに抑えられている。

AC版をやり込んでいたプレイヤーからは物足りないという意見も出ているが、見ようによってはプレイのハードルが下がったと見ることも出来る。

最初の内はそこまで発生しないのだが、中盤以降のステージでは処理落ちが度々発生して動きがスローモーションになったり、こちらのボタン操作を受け付けなくなる事も少なくない。

同時に出る敵の数がAC版の最大10人から最大3人に減ったと書いてしまうととてもスカスカになった印象を受けてしまうかもしれないが、実際は敵の配置が実に絶妙なため、プレイしているうちにあまり気にならなくなる。

ハードスペックやROM容量の制限から大元の作品と比べて多くの要素が削除されたり、アレンジされた個所も少なくはないが、作品の持つ特徴はしっかりと再現された作品であり、移植としてだけではなくひとつの作品としても十分に優れた完成度を誇っていると言えよう。

勿論、キャラクターやステージなどが削除されてしまっていること、AC版の移植とするにはアレンジされた部分が多いことに難色を示す意見もない訳ではないが、それらが結果として作品の魅力を支える部分を大きく損ねることにならず、それでいてハードルを下げ、より多くのプレイヤーが『ファイナルファイト』という作品に触れられるきっかけの要素となっているのであれば、ある意味で怪我の功名とも言えるのではないだろうか。

記事の引用元はここをクリック

ファイナルファイト(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ファイナルファイト(最新無料動画はここをクリック)】