超攻合神サーディオン(スーパーファミコン)

【発売日】 1992年3月20日
【発売元】 アスミック
【価格】 8,800円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=855285235278

[csshop service=”rakuten” keyword=”超攻合神サーディオン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

小説・ゲームでマルチメディア展開を行ったロボット物アクションゲーム。

メカデザインに森木靖泰、カトキハジメを起用し、監修としてガイナックスが参加している。

サイドビューのアクションゲーム。

ライフ制を採用しており、RPG要素も取り入れている。

操作はシンプルにジャンプ・ショットアクション。

スタートボタンのメニュー画面でアイテムと特殊武器を装備する事ができ、任意のタイミングで使用する事ができる。

敵を倒すごとに経験値が入り、それに応じてレベルアップ。

最大ライフと攻撃力が上昇し、使用可能な特殊武器も増えていく。

ストーリーはシリアスで、誰も報われない、悲愴感溢れる展開は一部のファンに強く支持されている。

作曲は田中公平氏。

90年代初頭に流行した、陰湿で暗いストーリーのハードSFの世界観を持つゲーム。

小説版とゲーム版の世界観は統一されており、8000年に及ぶ人類と機械生命の戦争の歴史は実に熱く、また哀しいものがある。

しかし当のゲーム部分の完成度が低く、プレイヤーの記憶にはクソゲーとして残る事になった。

それでも独特の世界観に魅せられたファンも存在し、彼らは皆「本当に勿体無い作品だった」と口を揃えている。

記事の引用元はここをクリック

超攻合神サーディオン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【超攻合神サーディオン(最新無料動画はここをクリック)】