オセロワールド(スーパーファミコン)

【発売日】 1992年4月5日
【発売元】 ツクダオリジナル
【価格】 8,700円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 テーブルゲーム

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 774792298593 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=774792298593 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

[csshop service=”rakuten” keyword=”オセロワールド スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ツクダオリジナルから発売されたオセロゲーム。

馴染み深いオセロを題材にしたオーソドックスなゲームだが、童話の登場人物や空想上の生き物たちが対戦相手という設定のファンタジックな世界観が特徴となっている。

ファンタジックな外観とは裏腹に難易度は非常に高く、オセロの腕に覚えのある熟練者向けの歯ごたえある難易度になっている。

収録されているのは8×8のオセロのみ。

二人用プレイは普通に二人でオセロを打つ。

キャラを選ぶとかそういう要素は無く、黒側はハンプティダンプティ、白側はアリスで固定。

黒(先手)か白(後手)かはプレイヤー側が自由に選べる。

タイムリミットが、10・20・40分、制限無しの4種類から選択可能。

ステージごとにちゃんと違う盤の周りの模様、ステージ選択画面、キャラ選択画面など、クオリティはなかなか高い。

対戦型ボードゲームのTVゲーム化だとやや地味で、外観面も殺風景になりがちだが、デザイン面、BGM共に格調高さのあるファンタジー世界で統一されており、対戦相手がセリフで喋るなどの個性豊かな性格付けがなされているので面白味がある。

熟練者にとっては手ごたえがあるとも言えるが、オセロをあまりやったことが無い人にとってはかなり辛い強さ。

しっかり練られたキャラやBGMなどで、ただオセロをするだけのゲームから1歩踏み込むことに成功した作品。

スーファミを持っていてオセロゲームで遊びたいという人にはオススメ。

ただ、これは仕方の無いことだが、オセロそのものに明るくないと少しどころではなく、とことん厳しい。

ゆえに、初心者に手放しでお勧めできる作品ではないが、腕に覚えのある熟練者にはぜひ挑んでもらいたい。

記事の引用元はここをクリック

オセロワールド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【オセロワールド(最新無料動画はここをクリック)】