銀河英雄伝説(スーパーファミコン)

【発売日】 1992年9月25日
【発売元】 徳間書店インターメディア
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”銀河英雄伝説 スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

帝国、同盟どちらでもプレイ可能。

PC版のII以前に似た、シナリオ・クリア式の戦術ゲーム。

基本的にストーリーをなぞる様に進むが、選択肢次第ではキルヒアイスを存命させたり、バーミリオンでラインハルトやヤンが戦死する場合もある。

ただし、この3人を除いて、原作でその戦闘では死ななかったキャラクター(例:アスターテでメルカッツやパエッタ)を戦死させることはできず、反面、原作で死んだキャラクター(例:アスターテでのエルラッハやムーア)を生存させることも可能。

ラップがアスターテを生き残れば、その後の戦闘でヤンのマスクデータが上がるが、他のキャラクターの生死はイベント・能力値に影響しない。

また、どうプレイしてもガイエスブルク要塞から脱出できずにケンプは死ぬ。

同盟軍プレイ時・バーミリオン会戦における、トリューニヒトによる停戦命令への選択肢(停戦するか、戦闘継続か)も存在。

記事の引用元はここをクリック

銀河英雄伝説(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【銀河英雄伝説(最新無料動画はここをクリック)】