ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦(スーパーファミコン)

【発売日】 1994年1月28日
【発売元】 バンプレスト
【価格】 9,800円
【メディア】 12メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

当時バンプレストが展開していた「コンパチヒーローシリーズ」の1作で、SDのガンダム・ウルトラマン・仮面ライダーの3シリーズのキャラ達が共演する。

『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』に続くコンパチRPG第2作だが、開発元は異なっており、前作やその他のコンパチシリーズとの繋がりはない。

このため、システム周りの仕様やグラフィックが前作と大きく毛色の異なるものになっている。

ストーリーコンセプトは前作と同じであり、主人公達が「同盟」(「○○同盟」などではなく、ただ「同盟」)というチームを組んで様々な悪の組織と戦う流れになっている。

発売に先駆け、講談社の児童誌『コミックボンボン』にて、ゲーム本編のプレストーリー的な内容の漫画が短期連載された。

SDキャラながらもカミーユVSシロッコの最終戦が再現されていたり、オリジナルキャラであるマークハンターもライダーと友情を結んだりピンチの助太刀に現れたりと格好良く描かれている。

アマゾン、スーパー1、レオといったシリーズ内でもあまりスポットの当たらないマイナーなキャラを主軸にした意外性と、「人口」、「地球」といったパラメーターの増減でエンディングを変化させるなど、独自のシステムを作ろうとする姿勢は評価できる。

しかし、前作で不評だった仕様がほぼ全て残っていることに加え、戦闘周りを中心に快適なプレイを妨げる要素が多い。

キャラゲーとしての魅力も今一つであるし、ストーリーもよくできているとは言い難い。

システム周りが前作から悪化し、ストーリー・世界観としても前作のような「原作ファンがニヤリとするネタや展開」はほとんどなく、かといって「グレイトバトルシリーズ」や「バトルスポーツシリーズ」のようなコンパチヒーローシリーズ特有のはっちゃけた独自の世界観が構築できているかと言えば、ノーである。

結果、誰得で微妙な展開ばかり続く非常にチグハグな作品となってしまった。

単体のRPGとして見ても当時から評価・話題性は低く、二ヵ月後に発売を控えていた大作RPG『ファイナルファンタジーVI』に話題をさらわれたこともあって、その後ヒーローたちの姿を見る者はいなくなってしまった。

キャラゲーとしては原作を無視した点(だけではないが)の目立つコレは、愛あまるコアなファンから原作殺害やヒーロー最悪の作戦とまで言われたり、憎悪の対象として語られることすらある。

記事の引用元はここをクリック

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦(最新無料動画はここをクリック)】