スーパーファイヤープロレスリング スペシャル(スーパーファミコン)

【発売日】 1994年12年22日
【発売元】 ヒューマン
【価格】 11,500円
【メディア】 32メガビットロムカセット
【ジャンル】 プロレスゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーファイヤープロレスリング スペシャル” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

国内最大のプロレスゲームシリーズ『ファイヤープロレスリング』(通称『ファイプロ』)シリーズの一作。

SFCで発売された『スーパーファイヤープロレスリング』シリーズ中においては、『3 ファイナルバウト』での最終作宣言を撤回して発売された4作目のシリーズ作品である。

本物のプロレス団体とタイアップしておらず、登場するレスラーはすべて実在の選手をモデルにして名前を捩ったレスラーである。

これにより、一つの団体を題材にした他のゲームと違い団体の壁を越えて数十人のレスラーを登場させることに成功している。

リングの視点がプレイヤーと平行ではなく、斜め45°にずらして配置されている(つまり□ではなく◇)。

これによって、四方のコーナーポストとサイドロープを全て使った文字通り縦横無尽のアクションが可能となっている。

シリーズの基礎は前作『3 ファイナルバウト』でほぼ完成していたが、本作ではレスラー数や技数等様々な要素が大幅に強化され大きな進化を遂げている。

「ファイトスタイル」の概念が追加され、相手の中技大技に対する「返し技」がスタイル毎に違う多彩なものになりさらにレスラーの個性が広がった。

次作『X』以降はグラフィックがリアル路線になったため演出は大人しくなってしまったが、打撃で一回転して吹っ飛ぶ選手の姿などはSFC時代独特の味があり今プレイしても色褪せない。

チャンピオンロードのシナリオで本作は鬱ゲーに名が上がることもあるが、SFCのソフトとしても大ボリュームの本作をシリーズ最高傑作に挙げる人は多い。

記事の引用元はここをクリック

スーパーファイヤープロレスリング スペシャル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーファイヤープロレスリング スペシャル(最新無料動画はここをクリック)】