魔神転生II SPIRAL NEMESIS(スーパーファミコン)

【発売日】 1995年2月19日
【発売元】 アトラス
【価格】 11,800円
【メディア】 24メガビットロムカセット
【ジャンル】 シミュレーションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔神転生II スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

前作は女神転生テイストを色濃く受け継いでいたがこの作品では比較的明るめの雰囲気となった。

シナリオも過去、現在、未来、異世界を行き来するタイムスリップものと異質。

女神転生シリーズ全体を見てもこの作品ぐらいである。

前作よりはマップ前後のテキストが長くなったので(とはいっても女神転生シリーズの平均程度だが)物語にのめり込めるようになった。

同時に操作できる人間キャラクターが最大5人と女神転生シリーズ最大級。

どれも個性的なキャラクターである。

前作のものとは打って変わり、真シリーズ同様のロウ、カオス、ニュートラルの括りに加えロウ、カオスルートにはそれぞれライト、ダークの分岐が加わった。

これにより5ルートものエンディングが用意されている。

前作から大幅に悪魔の種族、数が増加。

祖神や女魔など他作品では見られない種族の括りも多い。

女神転生シリーズと属性の扱いが逆で、女神転生シリーズでは反対属性の仲魔は「合体で作れるが召喚できない」のだが、この作品では「合体で作れないが召喚はできる」となっている。

そのため反対属性の仲魔を育てることも可能になっているかわりに、従来のシリーズのように反対属性の仲魔を合体用に作れなくなったため、合体の選択肢が狭まっている。

問題点はあるものの、前作からブラッシュアップされた本作の魅力は唯一無二であり、数多くの固定ファンを生んだ。

その雰囲気やゲーム性の独特さから、未だにリメイクや続編を望む声が多い。

記事の引用元はここをクリック

魔神転生II SPIRAL NEMESIS(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔神転生II SPIRAL NEMESIS(最新無料動画はここをクリック)】