火の皇子 ヤマトタケル(スーパーファミコン)

【発売日】 1995年9月29日
【発売元】 東宝
【価格】 10,800円
【メディア】 24メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

SFC 火の皇子 ヤマトタケル (ソフトのみ)スーパーファミコン【中古】

SFC 火の皇子 ヤマトタケル (ソフトのみ)スーパーファミコン【中古】
6,980 円 (税込)
ソフトのみの商品(中古品)になります。 端子クリーニング・初期動作確認済みです。 商品の方は、やや使用感がございます。 バックアップ電池のあるものに関しましては、 動作確認時に、確認を致しておりますが、 ご購入後の補償は致しかねますので、ご了承お願い致します..

SFC 火の皇子 ヤマトタケル*スーパーファミコンソフト(ソフトのみ)【中古】

SFC 火の皇子 ヤマトタケル*スーパーファミコンソフト(ソフトのみ)【中古】
1,480 円 (税込)
タイトル火の皇子 ヤマトタケル商品名スーパーファミコンソフト(ソフトのみ)商品状態ソフト:可(前面のシール右上にしみ)箱:無し説明書:無しその他
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

日本神話のヤマトタケルを題材としたオーソドックスなRPG。

脚本は女神転生の原作者である西谷史氏で、パッケージでもそれを宣伝文句にしている。

なぜか世界中の魔物が日本に集結。

シナリオ上、日本と中国以外の国を出す必要性がなく(説明はあるが、到底納得できる内容ではない)、考えなしに風呂敷を広げたかネタがなかったのだろうか。

インドはまだしも西洋の魔物や神、果ては人型ロボットまで登場するのは違和感どころの話ではない。

後半で主人公にとって悲劇的なイベントが起こるものの、地味な演出に加えてそれまでのシナリオとの関連がないのでいまいち盛り上がらない。

パッケージに「まったく新しいゲームシステム」とうたっているが、ゲームの根幹に位置するわけでもなくオリジナリティの面でも微妙なシステムであるのに、それすら有効に機能せず、戦闘バランスの悪さも相まってただの出来の悪いRPGになってしまった。

世界の神話に登場する魔物や星座システム(月齢→星の動き)、従魔システム(マグネタイト→カイロンの石)など、様々な面で女神転生シリーズを パク 参考にしていると思われる本作だが、いずれもゲーム内に溶け込めておらず、あるいはゲームの面白さに反映されず、その出来は雲泥の差。

そのクオリティの低さはとてもSFC後期のゲームとは思えないほどである。

記事の引用元はここをクリック

火の皇子 ヤマトタケル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【火の皇子 ヤマトタケル(最新無料動画はここをクリック)】