ザ・グレイトバトルV(スーパーファミコン)

【発売日】 1995年12月22日
【発売元】 バンプレスト
【価格】 9,800円
【メディア】 12メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

★リアルタイムな人気ランキングを確認!★

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】スーパーファミコンソフト ザ・グレイトバトルV

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】スーパーファミコンソフト ザ・グレイトバトルV
20,100 円 (税込) 送料込
発売日 1995/12/22 メーカー バンプレスト 型番 SHVC-P-AG5J JAN 4983164730630 関連商品はこちらから コンパチヒーローシリーズ  ザ・グレイトバトル  バンプレスト 

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】PSソフト ザ・グレイトバトル VI(状態:説明書状態難)

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】PSソフト ザ・グレイトバトル VI(状態:説明書状態難)
3,900 円 (税込)
発売日 1997/04/11 メーカー バンプレスト 型番 SLPS-00719 JAN 4983164734157 備考 ※この商品は下記の状態となります。・説明書状態難(傷み・汚れ・破れ・折れ・水濡れ・止め具サビ・日焼け・書き込み他)がございます。当商品は上記の状態を前提にして販売しております。ご..

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】PSソフト ザ・グレイトバトル VI(状態:特殊ケース状態難)

【エントリーで全品ポイント10倍!(7月26日01:59まで)】【中古】PSソフト ザ・グレイトバトル VI(状態:特殊ケース状態難)
3,200 円 (税込)
発売日 1997/04/11 メーカー バンプレスト 型番 SLPS-00719 JAN 4983164734157 備考 ※この商品には「特殊ケース状態難(傷み・汚れ・割れ・キズ・日焼け他)」の状態不備がございます。当商品は上記の状態を前提にして販売しております。ご質問・返品・クレーム等につきまして..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

『ザ・グレイトバトルIV』の続編。

前作同様横スクロールアクションゲームとなっている。

SF的な世界観だった前作から一転、西部劇的な世界観を主軸とした作品となっている。

なお、SFCとしては本作が最終作となる。

バトルフォース・ニューコンパチネイションなどの単語は出てくるが、前作との繋がりは薄め。

本作でのプレイアブルキャラはシリーズオリジナル主人公である『ロア』に加え、『ゴッドガンダム(ゴッド)』、『仮面ライダーBLACK RX(RX)』『ウルトラマン(マン)』の4名。

キャラクターはそれぞれ西部劇風味にアレンジされており、西部劇ということもあってシューティング面も取り入れられている。

というかステージ1はいきなりシューティング面である。

いろいろとシリーズ的には斬新な要素を取り入れた本作であるが、評価は他シリーズと比べても低く、シリーズ人気の凋落著しいものとなった。

明らかに他作品と比べるといくつもクオリティが劣る作品であるが、ただクソゲーと切り捨てるには惜しい部分もある。

ゲーム内容こそ今一つだが、ビジュアル・サウンド面はシリーズを重ねたことで大分成熟しており、世界観はよく表現出来ていると言える。

次作品となる『ザ・グレイトバトルVI』は本作と違い評価できる部分も薄く、名実ともにクソゲーとなってしまったことを鑑みれば、本作はまだ楽しめるゲームにはなっている。

横スクロールのアクションパートと、シューティングパートが存在する。

アクションパートはスタンダードなアクションゲームで、ジャンプ、アタック、チャージアタック、タックルを駆使して進めていく。

シューティングパートは画面奥に登場する敵を撃ち、回避行動で弾を避けたりしながら戦う。

前作が銃火器メインだったのに対し、本作はマン以外近接戦闘がメインとなったことで、前作のアクションシューティングとは違った別の魅力は出せている。

それぞれキャラごとにシナリオも異なるので、シナリオを重視するのであれば周回プレイの苦も軽減されることだろう。

ゲーム性的にはこれまでより大きく劣った面を見せた本作。

ただしグラフィックやBGMではこれまで以上のものを作り上げており、雰囲気もコンパチヒーローシリーズらしさをしっかり出している。

コンパチキャラゲーとしての出来は決して悪くはなく、ゲームも一部詰まりやすい場所を除けばプレイ出来ないほど悪いものではない。

ただ、やはりキャラクターを強制的に入れ替えて進まなくてはいけないという要素は必要だったのかどうか非常に疑問な内容ではあった。

『VI』の致命的なお粗末さを鑑みれば、少なくとも本作はクソゲー・ダメゲーと罵られるほど不出来なものではないと断言出来る。

記事の引用元はここをクリック

★『ねんどろいど』の最新商品!★

ザ・グレイトバトルV(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ザ・グレイトバトルV(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪