ウィザードリィ外伝IV 胎魔の鼓動(スーパーファミコン)

【発売日】 1996年9月20日
【発売元】 アスキー
【メディア】 32メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【中古】スーパーファミコンソフト ウィザードリィ外伝IV (箱説なし)

【中古】スーパーファミコンソフト ウィザードリィ外伝IV (箱説なし)
5,440 円 (税込)
発売日 1996/09/20 メーカー - 型番 - JAN 8888888888888 関連商品はこちらから ウィザードリィ 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

WIZシリーズを移植・販売していたアスキーがオリジナルシナリオの作品として、GBで独自展開してきたWiz外伝シリーズ。

4作目である「胎魔の鼓動」はプラットフォームをSFCに移して発売した。

もともとWIZシリーズにはサムライ、ニンジャなど和風の風味が盛り込まれていたが、外伝IVではその部分をさらに強調。

舞台を「緋蓮」と呼ばれる日本風の国に移し、迷宮も畳に障子など和風に。

刀系統の武器も大幅に増えた。

ただし、おおむね「アメリカ人の見た勘違い日本」の世界観である。

当時のゲームは和製でもそういうのが多かったが。

敵も和風のもの(侍、忍者、妖怪など)がメインに。

とはいえ洋風の敵やモンスターも普通に出る。

というか太ももを露出したセクシーくノ一が大幅に増殖。

東洋うんぬんよりお色気が勝る異色の世界観に。

ハードをSFCに移したことによるボリュームアップ。

グラフィック、音質、アイテム総数など全てにおいてパワーアップした。

システム面は良好なアスキーWizそのものなのでプレイは快適。

一見色モノでありながら、実はオーソドックスかつ古参のWizフリーク向けの作品。

ただし難易度が低めでキャラメイクの自由度も高く、初心者入門にも適している。

ジルフェバグ以外は重大なバグも無いので、結局のところ初心者でもシリーズ経験者でも遊べる安心のWizだと言える。

シナリオが中途半端でバッドエンド気味なのと、戦闘バランスの練り込みが甘い点が残念。

記事の引用元はここをクリック

ウィザードリィ外伝IV 胎魔の鼓動(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ウィザードリィ外伝IV 胎魔の鼓動(最新無料動画はここをクリック)】