惑星ウッドストック ファンキーホラーバンド(メガドライブ)

【発売日】 1991年12月20日
【発売元】 セガ
【開発元】 ビクター音楽産業、アドバンスコミュニケーション
【価格】 6,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”惑星ウッドストック” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

メガCD本体と同時に発売される予定だったが、実際は8日遅れての発売となったRPG。

ウッドストックという星に住む主人公の少年と、この星に墜落してきた異星人の音楽グループ「ファンキーホラーバンド(略してFHB)」のメンバーが旅に出るというもの。

本作はビクターが企画した仮想バンド「FHB」とのタイアップ作。

後に同社からFHB名義で4枚のCDや、LDなどが出ている。

FHBはセリフでは豪華声優陣が声を当てているが、歌を歌っているのは別の人である。

「武器」「魔法」に該当するものが「楽器」「旋律」、町や敵キャラ等の名前も洋楽ネタ多数と、「音楽」をテーマとしたつくりとなっている。

本作のタイトルはおそらく、1969年にアメリカで開催されたロックの祭典『ウッドストック・フェスティバル』に由来すると思われる。

ジミ・ヘンドリクスやザ・フー、ジャニス・ジョプリン等、同時代を代表するアーティストが多数参加しており、今もなおドキュメンタリー映画が製作されるほどに伝説化している。

当時のクソゲーによくある事で、声優が無駄に豪華。

FHBメンバーに古川登志夫・田の中勇・郷里大輔・堀内賢雄・堀川りょう・かないみか*2、NPCに北村弘一・水谷優子・三石琴乃他。

音楽をテーマにしたシナリオや世界観、仮想バンドとのタイアップという個性的な特徴を備えていながら、肝心のゲーム性の部分があまりにも劣悪すぎてゲームの体をなしていない。

悪い意味でメガCDの象徴的存在となってしまったゲームであった。

記事の引用元はここをクリック

惑星ウッドストック ファンキーホラーバンド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【惑星ウッドストック ファンキーホラーバンド(最新無料動画はここをクリック)】