シャドー・オブ・ザ・ビースト 魔性の掟(メガドライブ)

【発売日】 1992年3月27日
【発売元】 ビクター音楽産業
【開発元】 シグノシス
【価格】 5,800円
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”シャドー ビースト メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

元は海外のパソコン・AMIGAで発売され、ある程度評価を得ていた作品であり、一部の日本のパソコンゲーマーにも注目されていた。

コンシューマー向けには、PCエンジン CD-ROM2とメガドライブに移植されたが、ここではメガドライブ版を扱う。

プレイヤーである主人公は赤子の時に謎の組織に拉致され、魔術師から毎日得体の知れない実験を繰り返されやがて怪物となってしまう。

しかし自分が人間であることに気付いた主人公は組織への復讐を誓う。

主人公は送り込まれた敵を倒しつつ、怪物になった呪縛から逃れる為の旅に出る。

一人プレイ専用、オーソドックスな横スクロールアクション。(ある程度進むと途中、なぜか横シューティングゲームに)

「異形」「悪夢」といったゲーム自体のシュールでグロテスクな世界観は、おそらく如実に表現できていると思われる。

ゲームデザインを担当した人物は薬物中毒者かサイコパスか、何かしら自殺願望があったのではないかと思う程、狂気に満ちている。

良い意味で「前衛的」であり、このようなゲームはこの世に二つと存在しないだろう。

高めの難易度という洋ゲーならではの「魔性の掟」を感じるゲームではあるが…

主人公含めどのキャラクターからも躍動感が感じられず、プレイヤーは淡々と地味な作業を繰り返すだけであり、正直プレイしていて「何が楽しいのか分からない」という気持ちになり、ウンザリさせられる。

長時間プレイしていると確実に精神に支障をきたすレベルの為、注意が必要である。

開発元のシグノシスは「レミングス(Amiga版)」や「ワイプアウト」といった往年の名作を手掛けた事で知られているが、その一方で「変なゲーム」が多いのも事実で、本作においてもMDにおけるアクションゲームのクソゲーとして悪評を得るハメになってしまった。

前衛的なシグノシスらしいと言えばらしい作品ではあるが、デザインやグラフィックに注力し過ぎたせいで作りこみが甘くなり、大味でやりこみ要素に欠けるという結果になってしまったのだろう。

しかし、地雷級のバランスの不具合や凶悪なクソ要素は特に存在せず、単にショボくて飽きやすいクソゲー止まりである事は唯一の救いかもしれない。

『ソード・オブ・ソダン』や『デスクリムゾン』といった伝説級のクソゲーと比べると、その存在は地味で突き抜けるものでも無い。

ある意味このゲームは ストレステストの一環 としてプレイすると効果的かもしれない。

とにかく喜びや爽快感、達成感というものがこのゲームには一切存在しないのだから。

記事の引用元はここをクリック

シャドー・オブ・ザ・ビースト 魔性の掟(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【シャドー・オブ・ザ・ビースト 魔性の掟(最新無料動画はここをクリック)】