アイルトン・セナ スーパーモナコGP II(メガドライブ)

【発売日】 1992年7月17日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 レースゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アイルトン・セナ スーパーモナコGP” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1992年にセガ(後のセガゲームス)より発売されたメガドライブ用のF1をモチーフにしたレーシングゲーム。

1989年にアーケードゲームとして登場し、1990年にメガドライブ用として発売された『スーパーモナコGP』の続編にあたり、タイトルの通り当時の人気F1レーサーだったアイルトン・セナが監修している。

ドライバーやコースが一部変更されているが、ゲームのシステム的には前作を踏襲している。

題名の通り実在のモナコグランプリが題材になっているが、元のモンテカルロ市街地コースとはほとんど別物のオリジナルコースである。

前作メガドライブ版『スーパーモナコGP』同様、「WORLD CHAMPIONSHIP」「FREE PRACTICE」が用意されているが、効果音が一新されており、またセーブ機能に関してはパスワード方式からバックアップ方式に変更し、初心者用のビギナーモードと上級者用の「MASTER」モードが用意されている。

「SENNA Grand Prix」モードではセナ設計の3コースを選んで、優勝を目指す内容となっている。

「WORLD CHAMPIONSHIP」モードでは世界各国全16戦を戦い、ワールドチャンピオンを目指すという内容となっている。

当時のF1をモチーフにしており、実在のチーム名、ドライバー名は使われていないが、当時のチームやドライバーを髣髴とさせるネーミングが付けられている。

ドライバー1名のチームが全16チームで構成され、強豪チームから順にS,A,B,C,Dにランク分けされている。

プレイヤーはCランク4番目の「SERGA」のドライバーとしてレースに参戦し、世界各地で年間16戦を戦う。年間成績に応じて次年度の所属チームが決まる。

年間優勝するとゲームクリアとなるが、前作とは違いエンディングとはならず、その後何年でもゲームを継続して楽しめるようになった。

記事の引用元はここをクリック

アイルトン・セナ スーパーモナコGP II(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アイルトン・セナ スーパーモナコGP II(最新無料動画はここをクリック)】