ペーパーボーイ(メガドライブ)

【発売日】 1992年6月26日
【発売元】 テンゲン
【開発元】 Motivetime
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ペーパーボーイ メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年にアタリが発売したアーケードゲーム。

このゲームは、主人公の少年を操作し新聞配達のアルバイトをするゲームである。

自転車に乗った少年を操作して、ボタンで新聞を左に投げる。

契約者の家の玄関先に届くか、ポストにうまく入ると成功。(これはアメリカでの新聞配達の現状を反映した内容に沿っている)

新聞を届けられなかったり、契約者の家の窓ガラス等を壊してしまうと次の日から契約が打ち切られてしまう。

ただし、契約していない家の窓ガラス等はいくら破壊しても良く、破壊するに従ってクラッシュボーナスが加算される。

また、契約を打ち切られても加算スコアが減少するだけであり、ゲーム進行上のペナルティなどは発生しない。

ただ、溝に当たると死ぬ。

道中には主人公の行く手を阻む障害物や敵キャラが多数出現し、それらに接触するとミスとなる。

敵キャラは、新聞を投げることで攻撃できる。

新聞が無くなった場合は、落ちている新聞を拾うことで補充できる。

各ステージの最後はトレーニングステージ(ボーナスステージ)となっている。

無事に1週間配達できればクリアとなる。

難易度やコースの選択ができるため、簡単な設定にしてプレイすればクリアは比較的楽。

何度も挑戦するとパターンを覚えられるので攻略が捗る。

記事の引用元はここをクリック

ペーパーボーイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ペーパーボーイ(最新無料動画はここをクリック)】