ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(メガドライブ)

【発売日】 1993年1月14日
【発売元】 セガ
【開発元】 エインシャント
【価格】 7,800円
【メディア】 16メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ベア・ナックルII メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』の続編。

いわゆるベルトスクロールアクションゲームだが、プレイヤーができる技がかなり多い点などが特徴的。

『ファイナルファイト』の亜流と言われがちだが、ゴールデンアックスなどのセガ謹製ベルトスクロールに、『ファイナルファイト』のメガクラッシュなどや対戦格闘ゲームのエッセンスを加えたものである。

ゲーム性は亜流とはいえないほどかなり違い、ROM容量が前作に比べ4倍に増えたこともあってか大幅にアップしている。

格闘ゲームのテイスト導入による、かなり豊富な展開&技と操作性の高さ。

打撃連打で出る自動コンボ、自動コンボなどからの掴み→打撃→投げ、ダウンさせやすい飛び蹴りなど標準装備は勿論、ダメージ多めの投げと敵を巻き込みやすい投げ、背後攻撃、溜め攻撃、掴み状態からの裏周り、後ろ掴みからの投げなどがある。

ダウンさせないジャンプ攻撃もあり、格闘ゲーム風の飛び込み→コンボ→つかみ→打撃→投げという流れも可能。

甘い飛び込みをするとザコにすらカウンターされたり、するっと近寄られて即攻撃されたり、前後を挟まれ高速袋叩きになったりする。

よって、間合いの把握、無敵時間の利用、コンボ中に他の敵が迫ったら手早く終わらせるなど、技と展開の豊富さを活かした適切な状況判断が重要になってくる。

前作より大きくなったキャラも好評。

おまけ程度だが対戦モードもあり、格闘ゲームのテイストを上手く導入している。

適度な難易度、良好な操作性、良いサウンド、そして爽快感が揃い、シリーズで最高と押す声が多い。

ベルトスクロールアクションがしたいけど、難しかったりすぐやられるのはちょっと…という層にも、パターン化なんかクソ食らえ、アドリブ満載でガシガシ戦いたい人にも、やりこみたい人にもオススメできる傑作。

事実、VCなどでベアナックルシリーズが出る際も、最初のリリースはIではなく本作からとなっている。

記事の引用元はここをクリック

ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(最新無料動画はここをクリック)】