ウルトラマン(メガドライブ)

【発売日】 1993年4月9日
【発売元】 マーバ
【開発元】 ヒューマン
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ウルトラマン メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1991年にバンダイからスーパーファミコン用として発売された2D格闘ゲームと劇中に登場するヒーローの名称。

特撮テレビシリーズ『ウルトラマン』(1966年 – 1967年)を原作としている。

ウルトラマンを操作して怪獣を倒していく、全10面(アーケード版は全13面、ゲームボーイ版は全9面)の2D対戦型格闘ゲーム。

普通の格闘ゲームと違い、怪獣の体力を0にしただけでは倒すことはできず、怪獣の体力を0にしてからスペシウム光線を使うことで倒せる。

ウルトラマンも怪獣も、時間経過とともに体力が徐々に回復する。

ウルトラマン側はさらに、時間経過とともに必殺技ゲージが溜まっていく。

16目盛り4×4の4段階に分かれている。

消費の少ない順にスラッシュ光線、アタック光線、ウルトラスラッシュ、スペシウム光線が使える(SFC版ではSL、AT、US、SPと頭文字のみ記載。アーケード版ではSLASH、ATTACK、ULT.S、FINALと記載)。

これとは別に、目盛り1つ分を消費してウルトラバリヤーが使える。

原作を再現した演出として「3分以内に倒さなくてはならない」「残り時間が60秒をきるとカラータイマーが点滅を始め、BGMが変化する」などがある。

特にアーケード版では、特殊な演出がされている怪獣が多い。

記事の引用元はここをクリック

ウルトラマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ウルトラマン(最新無料動画はここをクリック)】