ファイナルファイトCD(メガドライブ)

【発売日】 1993年4月2日
【発売元】 セガ
【開発元】 A Wave
【価格】 8,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ファイナルファイトCD” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

傑作ベルトスクロールアクション『ファイナルファイト』のメガCD版。

セガからすれば、スーファミ版との差別化を図り、メガCDの性能を宣伝したかったところと思われる。

しかし、その結果は残念無念なものであった。

SFC版と違い、キャラクターは3人すべて登場し、2人同時プレイも可能。

SFC版でカットされた4面の工業地帯を含むステージも全部再現。

敵およびアイテムの配置および種類も当然ながらAC版の物を再現。

敵の出現数も最大で4人まで出現。

上記に加え、新たにムービー形式のOPや制限時間以内にどれだけ敵を倒せるかどうか競う「タイムアタックモード」も追加。 …と見た目だけはSFC版を超えている様に見えるのだが…。

「大容量・高性能のメガCDで出す以上完全移植+αで当然だ!」と力んだ結果は「ごらんの有様」であった。

これをやれば、使用キャラクター1人、2人同時プレイ、ステージ1箇所を削ってでも爽快感を重視したスーファミ版がいかにマシか解る。

後にPS2版『カプコンクラシックコレクション』にてほぼAC完全移植の『ファイナルファイト』が収録されたので、お勧めするなら断然そちらである。

セガによるカプコンゲームの移植と言えば傑作『大魔界村』や『ストライダー飛竜』等があるのにこの落差は何だ。(開発会社が違います)

MD版『大魔界村』は完全移植ではないが、ゲーム性を損なわずに移植しているという意味では『ファイナルファイトCD』の対極にあると言えよう。

記事の引用元はここをクリック

ファイナルファイトCD(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ファイナルファイトCD(最新無料動画はここをクリック)】