ナイトストライカー(メガドライブ)

【発売日】 1993年5月28日
【発売元】 タイトー
【開発元】 アイシステム東京
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ナイトストライカー メガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

自機の真後ろ視点で進行するTPSタイプの3DSTG。

樹形図型ステージ選択式。

ラストステージでは自機がステージ事に違った変化をする。

結末も各ステージ毎にもちろん違う。

シールド制となっており、初期値は5となっている。

敵の体当たり、敵弾、または地形に当たることにより消費し、0の状態でダメージを喰らうとゲームオーバー。

シールドはステージクリア時に1回復し、全面クリア時に残りシールド数に応じてボーナスが入る。

ステージは道が存在する市街・郊外・ビル街・地下道、水上面の運河・海上、建物内の工場・寺院、それと空中となっている。

疑似3Dの代表作『スペースハリアー』と大きく異なる点は「道」の概念。

ドライブゲームのように曲がりくねり、アップダウンもある。

自機は浮遊能力もあるため、道なりに走る必要はない。

だが障害物が存在するため、空中で激突するリスクもある。

夜の街を駆け抜けろ!」のキャッチコピーに偽りなしの、統一された世界観。

ネオン輝く町並は美しく、高速で流れて行く景色は印象的かつ幻想的。

MCD版は、画質は非常に粗いが、速度や爽快感などの原作要素は再現している。

実際、開発にはAC版のディレクターであった「ぱぱら快刀」こと海道賢仁氏が監修・アドバイザーとして参加していた。

記事の引用元はここをクリック

ナイトストライカー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ナイトストライカー(最新無料動画はここをクリック)】