ウィザード・オブ・イモータル(メガドライブ)

【発売日】 1993年8月10日
【発売元】 エレクトロニック・アーツ・ビクター
【開発元】 Sandcastle、エレクトロニック・アー
【価格】 9,800円
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ウィザード・オブ・イモータル” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

元はアメリカで1990~1991年にAppleIIGS、Amiga、AtariST、IBM-PC用として発売されたゲームのGENESIS移植版を日本向けにローカライズした、クォータービューのアクションADV。

ちなみに日本語版タイトルは『ウィザード オブ イモータル』なのだが、実際のタイトル画面では原題の『ジ・イモータル』のままなのでここではそう表記している。

難解な罠を仕掛けられた迷宮に閉じ込められた、師匠であるモーダミアを助けに行くというストーリーだが……。

一言でいえば死にゲーである。

ダンジョンのトラップは基本的に一撃死。

しかも異様にヒントが少なくて分かり辛く、そもそもヒントが無い事例も少なくない。

まともにやれば死にまくるであろうが、何度も死ぬ内に攻略法が見えてくる作りではあり、かろうじて「死にゲー」の体裁は保っている。

「理不尽な無理ゲー一歩手前」という、いかにも一昔前の洋ゲー的な出来である。

『シャドウゲイト』と似たような空気な為、そういったゲームが好きならばチャレンジしてみるのも一興か。

記事の引用元はここをクリック

ウィザード・オブ・イモータル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ウィザード・オブ・イモータル(最新無料動画はここをクリック)】