エコー・ザ・ドルフィン(メガドライブ)

【発売日】 1993年7月30日
【発売元】 セガ
【開発元】 ノボトレード
【価格】 6,800円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”エコー・ザ・ドルフィン メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

サイドビュー・マップ探索型のライフ制アクションADVゲーム。

イルカのエコーが主人公で、竜巻に巻き込まれていなくなってしまった仲間を探して大海原を泳ぎ回るという壮大なスケールの物語が展開される。

タイトルがどことなく『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』と似ているが、ソニックシリーズとの繋がりは無い。

障害物にぶつからないように泳ぐとかなりのスピードがつき、その状態では水面で大ジャンプができる。

海中では呼吸ができないので、空気だまりや泡などで息継ぎをしないと死んでしまう。

エコーは超音波を出して周辺のマップを確認したり、仲間やシャチなどと会話したりできる。

海中には行く手を阻む岩壁などがあり、謎解きをしてこれらをうまくやり過ごしながらステージを先へ進んでいく。

敵を含めた登場キャラクターも、前半はみんな海洋生物だが、後半は宇宙生物なども登場する。

青い海と海洋生物たち、なにより主人公のイルカのなめらかな動きは見応えがある。

ドット絵である事を考えると、今見てもハイクオリティである。

スピード感があり、適当にイルカを泳がせてジャンプしているだけでもけっこう楽しい。

アクションゲームとして考えると少々ストレスの溜まる仕様であり、アドベンチャーとしては謎解きがわかりにくく、息継ぎなどの面倒な要素が多い。

しかしグラフィックはたいへん美しく、クジラや大タコといった海洋生物たちも生き生きと描かれている。

「イルカが主人公で、海を泳ぎまわりながら謎解きをしつつ先に進むゲーム」という概要からイメージされる姿とはかけ離れた超絶難易度を誇る本作に対し、前半だけやって和むに留めるか、最後まで攻略を諦めないか。

ここの違いによって評価や印象が大きく変わってくる稀有な存在である。

ストーリーはかなり超展開なので、クリアまで頑張るとなると驚かされる事請け合い。

記事の引用元はここをクリック

エコー・ザ・ドルフィン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エコー・ザ・ドルフィン(最新無料動画はここをクリック)】