シルフィード(メガドライブ)

【発売日】 1993年7月30日
【発売元】 ゲームアーツ
【開発元】 ゲームアーツ
【価格】 9,240円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”シルフィード メガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PC-8801mkIISR版『シルフィード』をベースにメガCDソフトとしてアレンジした家庭版。

既にメガCD市場は冷え切っていたが、本作は当時の技術水準では非常に高品質の3Dグラフィックを実現し、『LUNAR ザ・シルバースター』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』と共に数少ないメガCDのヒット作となった。

一部には「『シルフィード』がないならばメガCDもなかったことにしたい」と呼ばれるほどのキラーソフト(結局大勢を変えることは出来なかったが)である。

ハーフトップビューシューティングゲームの先駆けであり、この後発表されるレイストームなどに大きな影響を与えている。

シューティングゲーム部分の背景にCD-ROMからデータを連続で読み出すことで毎秒最大15コマの動画を表示し、迫力の演出効果を生み出している。

面の途中ではバリアなどのパワーアップアイテムやシールド回復のアイテムを出す敵が出てくる。

全12ステージ。

当時、まだ珍しかったポリゴンを使ったムービーはとても綺麗。

ステージ間ムービーやOPムービーなどの演出も素晴らしい。

難易度調整が絶妙。

味方機から送られてくる無線が場の雰囲気を盛り上げる。

ゲームとしてはパワーアップ性の古典的な縦スクロールシューティングながらも、当時家庭用ゲーム機としては珍しかったポリゴンを多用した演出は圧巻。

NASA提供の実写、緻密なポリゴン艦隊、フラクタルで描画された月面や地球…これらの演出は今見ても感心するものばかりである。

また、2010年には自機であるSA-77がプラモデル化されるなど、長く愛されている証拠であるといえよう。

記事の引用元はここをクリック

シルフィード(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【シルフィード(最新無料動画はここをクリック)】