夢見館の物語(メガドライブ)

【発売日】 1993年12月10日
【発売元】 セガ
【開発元】 システムサコム
【価格】 7,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”夢見館の物語 メガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

CDの大容量を生かし動画を積極的に用いた「バーチャルシネマ」と呼ばれるゲームの第2弾。

キャッチコピーは「静寂の恐怖が息を潜める」。

その幻想的な雰囲気は多くのユーザーを引き付け、今でも根強いファンが存在する。

この当時は3Dで移動するといっても現在のように館内をフルに歩き回れるというものではなく、ポイントからポイントへ移動する際に移動する動画を再生する形ではあるものの、当時としては臨場感が桁違いに高い。

移動に関する操作も非常にわかりやすく、文字情報やアイコンの使用も最低限に抑えられ、非常にとっつきやすいシステムとなっている。

謎解きの要素があるといってもヒントを教えてくれる場所が存在し、デストラップも少ないため難易度的にも万人向けである。

メガドライブ・メガCD自体はお世辞にもあまりグラフィック性能は高いとは言えない側面はあるものの、それを逆手にとって油絵調の画面にすることによって独特の幻想的な雰囲気を作り出すことに成功している。

登場人物のほとんどが蝶の姿をしているがゆえに一種独特の不思議さを感じさせる。

ゲームの長さ自体は非常に短く1時間程度でクリアできるが、この独特の精神に忍び込むサイコホラー的かつ悲哀や切なさを感じさせるストーリーの完成度は非常に高い。

折笠愛、こおろぎさとみなどの当時の一線級の声優を用いた熱演は見事。

声のみで館の住人の人柄や内面を表現しているのには脱帽。

時計の振子音や足音などが距離や環境などによって音量や反響度が異なってくる点など、効果音やBGMの使い方も光る。

短いながらもその独特の幻想的な雰囲気と静寂の恐怖があいまった逸品。

今でこそ粗の目立つ作品ではあるものの、比較的潤沢に出回っており入手難度も低いので、遊べる環境があるのであればぜひとも一度プレイしてみてほしい作品。

記事の引用元はここをクリック

夢見館の物語(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【夢見館の物語(最新無料動画はここをクリック)】