サムライスピリッツ(メガドライブ)

【発売日】 1994年11月25日
【発売元】 セガ
【開発元】 システムビジョン
【価格】 8,800円
【メディア】 24メガビットロムカセット
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”サムライスピリッツ メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

SNKがMVS及びネオジオでリリースした同名ゲームのMD移植作。

セガブランドの発売だが、開発はシステムビジョンが担当。

MD純正コントローラーは3ボタンしか無かったため、斬りが「A=弱斬り・B=中斬り・C=強斬り」であるのに対し、蹴りは「A+B=弱蹴り・B+C=中蹴り・A+C=強蹴り」と全て同時押しとされている。

しかし、MD純正コントローラーでボタン同時押しは非常に難しく、まともに遊ぶには別売の6ボタンパッドまたはジョイスティックは必須だった(コンフィグで6ボタンへの割り振りは可能)。

ハードの制約で、NG版の売りだった拡大・縮小が削除された。

そしてキャラサイズを大きいままに保つために、アースクェイクがリストラされた。

対戦モードのキャラセレ画面のアースクェイクの位置には、デフォルトで使用可能になっている天草四郎時貞が入っている。

だが元々アースクェイクファンが少なかったため、この件での批判は殆ど無かった。

徳間書店の「メガドライブFAN」の記事にも、「でも全然悲しくないのはなぜだ」とまで書かれてしまっていた。

同時期にタカラが出したSFC版では、キャラ全体を小さくして全員を出すという手法をとっている。

キャラサイズが大きいままなので迫力はあるが、NG版・SFC版と違って間合いを広く取れないので若干バランスが変わったといえる。

また処理落ちもわりと起きてしまう。

容量でいうとSFC版32Mに対して、MD版は24MのROMで若干控えめ。

その分価格は約2000円安いが。

削除された技が多すぎて、サムスピらしい戦い方ができなくなっている始末。

技のモーションや勝ちポーズなどかなり使いまわしが駆使されている。

中技と強技のモーションが同じなんてザラ。

本作は簡単に表現してしまえば、「絵がヘボくて音がショボく、バランスも変わってしまったサムスピ」である。

それにしてもSFCやMDと同じ16ビット機ながら、ネオジオは偉大だったと言えるだろう。

ちなみにメガCDでもビクターによって本作の移植版が開発されていたが、日本国内では販売されず海外版『SAMURAI SHODOWN』のみ販売されていた。

記事の引用元はここをクリック

サムライスピリッツ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サムライスピリッツ(最新無料動画はここをクリック)】