ドラゴンスレイヤー英雄伝説II(メガドライブ)

【発売日】 1995年1月20日
【発売元】 セガ・ファルコム
【開発元】 セガ・ファルコム
【価格】 8,800円
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラゴンスレイヤー英雄伝説II メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』の続編。

前作同様、全6章仕立てのRPG。

前作から20年後のイセルハーサと、その地下に広がる国家ファーゲスタが舞台。

画面構成・マップパーツなどは前作の流用が多い。

そのため、発表から短期間で発売に至った。

当時のPC市場は、8ビット機から16または32ビット機へと主流がほぼ転換した時期であり、PC88版はファルコムにとって同ハード最後の作品となった。

基本的な部分は前作から変わっていない。

前作で好評だったオートバトルは、更に回復行動(呪文/アイテム)・攻撃呪文使用といった細かい指示が可能になった。

戦闘でモンスターが特定の行動を取る際、それらがアニメーションやエフェクトによって表現されるようになり、個性を印象付けている。

前作で残された謎、特にヨシュアとフレイアの存在、竜の卵に関連したものを補完している。

それを基盤として、成長した前作の登場人物と、新たな世代の人物とがストーリーを織り成している。

快適なインターフェースといった前作の良さを継承した点はあるものの、長すぎる地底ダンジョンや強化された敵といった、新たな賛否両論点もある。

つまり、長所と短所が前作以上に綺麗に分かれている。

しかし、決してクソゲーに堕ちたということはなく、人によっては良作と呼べるかもしれないが、その一方でガッカリした、あるいは挫折したプレイヤーもおり、要素を好むかどうかで評価が変わる作品である。

それでいて、続編としての役目は十分に果たしたとも言える。

設定の伏線回収と人物のその後が見られるという点では、かの『イースI&II』のように、本作の前に『I』をプレイしておくことを推奨する。

メガドライブ版は、章間デモのビジュアルがない(OP・EDにはある)。

98版をベースにしているが、メガドラ1の3ボタンとの兼ね合いの都合か、簡易コマンド呼び出しはない。

記事の引用元はここをクリック

ドラゴンスレイヤー英雄伝説II(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラゴンスレイヤー英雄伝説II(最新無料動画はここをクリック)】