エイリアンソルジャー(メガドライブ)

【発売日】 1995年2月24日
【発売元】 セガ
【開発元】 トレジャー
【価格】 6,800円
【メディア】 16メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”エイリアンソルジャー メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

面クリア型の横スクロールアクションSTG。

6種類の武器と特殊能力を駆使し、大型のボス敵が次々と襲い掛かってくるハードな構成の全25ステージに挑む。

ステージの最後にボスがいるオーソドックスなスタイルではあるが、平均的なアクションSTGと比べると、全体のステージ数は多く、1ステージ辺りの尺が短い。

世界観はSFであり、敵味方とも、様々な動物の姿が混じり合った異形生物であったりメカであったりと人外ばかり。

タイトル画面のロゴの下には「FOR MEGADRIVERS CUSTOM」と書かれている。

難易度が高い事で有名な本作だが、元々そういうつもりで作られたゲームである。

基本的なシステムは、左から右へ進んでいく面クリア型アクション。

トレジャーがメガドライブ処女作として開発した同ジャンル作品『ガンスターヒーローズ』の発展系といったところである。

本作には特殊操作が非常に多い。

また、その特殊操作には無駄なものがほとんど無く、効率よく攻略するにはすべてマスターする必要がある。

そのため、初見ですんなりと越せる難易度設定ではない。

敵の動きや武器との相性をよく考えてトライ&エラーを繰り返しパターンを構築する攻略法が中心となる、典型的な「覚えゲー」である。

技術を磨き戦術を練る余地が多く取られていて、プレイヤーが努力と工夫を重ねて上達した分だけ、はっきりとクリアタイムが縮む。

歯応えがあってやり込めるハデなアクションゲームが遊びたい人にお勧め。

特に効率を追求するタイムアタックが好きであった場合は、細かい部分まで考えて綿密なステージ構築・ボスキャラ設計をした、開発側の本気が伺えるだろう。

タイトル画面で輝く「FOR MEGADRIVERS CUSTOM」は、持てる力を可能な限り注いだ作り手からプレイヤーに突きつけられた挑戦状でもあった。

ただし、この挑戦を受けるにはそれなりの覚悟がいる。

確かに自機は、高火力の大技、全身無敵の高速移動、敵弾の弾き返し、回復アイテムの精製と万能ぶりを見せるものの、敵はそれを前提とした激しさで襲ってくるのだから。

複雑な基本操作・特殊操作を全てマスターした上で敵のパターンや武器の特性を把握し、更に効率良く勝つための試行錯誤を繰り返す事で、初めて本作に秘められた魅力は輝きだす。

超えなければならないハードルは非常に高いが、本作には「試練に打ち勝った際の見返りもまた大きい」という高難度アクションゲームの醍醐味が詰まっている。

記事の引用元はここをクリック

エイリアンソルジャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エイリアンソルジャー(最新無料動画はここをクリック)】