プロ野球ワールドスタジアム(PCエンジン)

【発売日】 1988年5月20日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【価格】 4,900円
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 野球ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”プロ野球ワールドスタジアム PCエンジン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ファミコンのヒットタイトル『プロ野球ファミリースタジアム』のPCエンジン版。

プラットフォームをPCEに移し、グラフィックとサウンドを強化、一人用で勝ち進むと手強い隠しチームとの対戦が待っている。

同名の業務用ゲームがあるが、本作の内容はファミコン版に近く、業務用にあった球場選択やオーダー変更といった要素は存在しない。

ゲームモードはファミコン版同様、勝ち抜き戦の1Pモード、2人で対戦する2Pモード、COM同士の試合を観戦するWATCHモードの3つからなり、1Pモードはパスワードによる継続プレイが可能、なおパスワードは4桁から3桁に変更となっている。

選手データは87年度版をベースにB.ガリクソン・D.デシンセイ・T.ハーパー・長島一茂などの新入団選手を追加、選手名はほぼ実名での登場となったが、ファミスタシリーズの無認可実名使用は本作が最後となった。

使用できる球団が2つ減り、86年度版と同じ10チームとなる。

ただし操作できない隠し球団が6つあるためチーム数そのものは87年度版よりも増加している。

「エラー」という要素が登場。

野手がゴロをはじいたり、フライを落球することがある。

エラーをした野手は一瞬その場で硬直するため、ほとんどの場合打者走者の出塁を許すことになる。

選手個々には守備データという概念がないため、発生率はチーム毎に設定された「エラー確率」によって決まり、プレイヤーが選択できるチームではNチームが最もエラーをしやすく、Lチームが最もエラーをしにくくなっている。

PCEのスペックを生かし、陰影まではっきりしたユニフォーム、バットの木目、人工芝の芝模様、タイトルロゴなど、グラフィックが細部に至るまで強化された。

打球の飛距離が抑えられ不評だった87年度版の反省から、打球が飛ぶ仕様に戻り、ホームランを連発する爽快感が復活した。

ファミコンで爆発的人気を誇ったファミスタシリーズのPCE版は、同時期に発売された『R-TYPEI/II』とならびPCエンジン初期の人気タイトルとしてコンスタントなセールスを記録した。

しかしナムコはPCEのマーケティング戦略を業務用タイトルの移植に比重を置き、ファミコン版のように毎年リリースされることは無く、続編は91年3月発売の『ワールドスタジアム’91』のみとなった。

記事の引用元はここをクリック

プロ野球ワールドスタジアム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【プロ野球ワールドスタジアム(最新無料動画はここをクリック)】