パワーリーグ(PCエンジン)

【発売日】 1988年6月24日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 野球ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”パワーリーグ PCエンジン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にハドソンから発売されたPCエンジン用野球ゲームおよびそのシリーズ。

長らく、PCエンジンを代表する野球ゲームとしてあり続けた。

以来1998年までに、家庭用ゲーム機において全13作が発売された。

1987年に、ジャレコから発売された『燃えろ!!プロ野球』とともに、俗にリアル系野球ゲームといわれる野球ゲームの先駆け。

打席に入っているバッターが皆神主打法のような構えをしているのが特徴。

第1作目は守備・走塁画面が真上から見下ろしたような視点であった(この視点を採用した野球ゲームには、いずれもセガ(後のセガゲームス)の「メジャーリーグ」や「スーパーリーグ」がある)が、II以降は他の野球ゲームの多くと同じ俯瞰視点になった。

また、リアルな野球をさらに楽しめるように、エディット機能が搭載されていた。

シリーズを通して、隠し要素があるのも特徴。

隠しチームとしてアメリカ大リーグの選手をモチーフにした「ヒュービーズ」やたけし軍団をモデルにした「GUNDAN」(大技林では「軍団チーム」と表記、パワーリーグ2のみ登場)、 戦国武将がモチーフの「戦国武将隊」(スーパーパワーリーグ2~4)、RPGの怪物で構成された「モンスターズ」(パワーリーグ64) などが、隠し球場としてセンターが128mと非常に広いトイスタジアム(のちヒュースタジアムに改称)や、アイランドスタジアム(周りを海に囲まれた、ホームベース型の島そのものが球場)等がある。

記事の引用元はここをクリック

パワーリーグ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パワーリーグ(最新無料動画はここをクリック)】