ニンジャウォーリアーズ(PCエンジン)

【発売日】 1989年6月30日
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【メディア】 3メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

【中古】PCエンジンHuカードソフト ニンジャウォーリアーズ (箱説なし)

【中古】PCエンジンHuカードソフト ニンジャウォーリアーズ (箱説なし)
2,170 円 (税込)
発売日 1989/06/30 メーカー タイトー 型番 TP01002 関連商品はこちらから タイトー 

【中古】PCエンジンHuカードソフト ニンジャウォーリアーズ

【中古】PCエンジンHuカードソフト ニンジャウォーリアーズ
3,180 円 (税込)
発売日 1989/06/30 メーカー タイトー 型番 TP01002 JAN 4988611890011 関連商品はこちらから タイトー 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

3画面スクリーン&重低音が鳴ると振動するシート、という『ダライアス』と同仕様の特殊な筐体を用いたライフ制の横スクロールアクションゲーム。

魔王と恐れられる独裁者「バングラー」を倒すべく、革命軍のリーダー「マルク」によって造られた人型殺人兵器「クノイチ」(1P)と「ニンジャ」(2P)が突き進んでいくという内容である。

クナイによる攻撃は攻撃力が高く、手裏剣は遠距離攻撃ではあるものの攻撃力はクナイの半分である。

本作は1988年の『スプラッターハウス』(ナムコ)と並び、業務用ゲームで最も救いのないエンディングを迎えるゲームとして知られることとなる。

ゲーム性の面では、同じ3画面という構成を演出面に存分に生かしていた「ダライアス」と比べて展開のメリハリに欠けやや大味で、3画面にする意義にやや乏しい側面は否めない。

一方で、革命の世を舞台とした退廃的な世界観を表現した硬派なグラフィックや人の業という物を考えさせられるシリアスなストーリー性と、それらを彩る音楽のクオリティの高さで深く印象付けることに成功した。

硬派かつシリアスなストーリーと、それらを印象深く演出する手腕に定評のあるタイトーらしさが色濃く表れた1作と言えるだろう。

PCエンジン版は、3画面筐体だったアーケード版の雰囲気に近づけるため、画面の上下をにカットした横長のシネスコサイズのレイアウトとなっている。

1人プレイ専用となったが、KUNOICHIとNINJAの好きな方を選択してプレイが可能で、コスチュームカラーも複数用意されていた。

ROM容量の都合により戦車がカットされているものの、敵の動きや配置は他機種版よりもアーケード版に忠実である。

記事の引用元はここをクリック

ニンジャウォーリアーズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ニンジャウォーリアーズ(最新無料動画はここをクリック)】