武田信玄(PCエンジン)

【発売日】 1989年07月28日
【発売元】 エイコム
【開発元】 エイコム
【価格】 5,600円
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 252849747422 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=252849747422 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

【中古】PCエンジンHuカードソフト 武田信玄

【中古】PCエンジンHuカードソフト 武田信玄
3,200 円 (税込)
発売日 1989/07/28 メーカー エイコム 型番 AC89002 JAN 4981255890027 関連商品はこちらから 武田信玄  エイコム 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

当時NHKでは大河ドラマ「武田信玄」が放映されており、それに便乗して開発されたと思われる。

1P側のプレイヤーは武田信玄を、2P側は武田信繁を操作したった1人(或いは2人)で戦うアクションゲームとなっている。

フィールドがあまり広くなく、敵を全滅させると自動で次のシーンに移行する形式で、『熱血硬派くにおくん』に近い形になっている。

全4面で、前衛その1→ボーナスステージ→前衛その2→ボスと一騎打ち、という流れ。

中型雑魚を倒すと出る風林火山の文字を集めるとパワーアップできる。

「風」で移動速度上昇、「林」で軍配を構え正面の防御力上昇、「火」で攻撃力上昇、「山」で体力の最大値が上昇する(それぞれ一度だけ)。

フルパワーになると自キャラの攻撃に短刀投げが追加されリーチが強化されるのだが、その状態で場面移動するとすっぴんに戻される謎仕様。

雑なグラフィックやツッコミ所の多すぎるキャラデザ、技数の少なさ…と、ビジュアル面は貧相。

加えて、ゲームの難易度も高すぎる所か全体的に単調な攻略を強いられ爽快感もケレン味も足りず、当時の人気コンテンツに便乗した「お察し」な出来の一作であった。

誰得なことにPCエンジンにアレンジ移植されている。

買い物や必殺技などのフィーチャーを取り入れ、それなりに遊べるようになっている。

出来が悪いうえ知名度が非常に低い。

PCエンジン版をアーケードのアレンジと知らずに紹介するサイトもいくつか存在するほどである。

記事の引用元はここをクリック

武田信玄(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【武田信玄(最新無料動画はここをクリック)】