バットマン(PCエンジン)

【発売日】 6,500円
【発売元】 サンソフト
【価格】 6,500円
【メディア】 3メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”バットマン PCE” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PCエンジン唯一のバットマンを題材としたゲーム。

発売元は当時からファミコンなどのバットマンゲーを多く輩出していたサン電子(サンソフト)。

ジャンルとしてはトップビュータイプの面クリア型アクションゲームにあたる。

プレイヤーはバットマンを操り、ジョーカー軍団の悪事を阻止していくのが主な目的となる。

ぶっちゃけいうとどのステージも特定ポイントをすべて触れればエリアクリアという、いわゆるドットイートに該当するゲームシステムである。

ステージ5だけは純粋なボスステージであり、ボスを攻撃して倒せば全ステージクリアとなる。

全体的なゲーム内容は本作の前年にハドソンからリリースされた同じPCEソフト『ドラえもん 迷宮大作戦』と何故か酷似している。

大体は「バットマンを移動させてドットイートをこなせばクリア」という単純明快なルールで遊びやすくはある。

他機種のサンソフト製バットマンゲーは難易度を高くする傾向にあるが、本作は単純なゲーム性の件も相まって控えめの難易度に収まっている。

とにかく本作最大の問題は「やる事があまりにも冗単」。

これに尽きる。

他機種のサンソフト製バットマンゲーの多くは「先に進んでボスを倒すのが目的の横スクロールアクション」であり、何故本作だけが冗単なドットイートにされてしまったのかは謎である。

記事の引用元はここをクリック

バットマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バットマン(最新無料動画はここをクリック)】