グラディウス(PCエンジン)

【発売日】 1991年11月15日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”グラディウス PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『スクランブル』『スーパーコブラ』でのノウハウを更に昇華させた即死型残機制強制横スクロールSTG。

同ジャンルの代表格と言っても過言ではない超有名作。

自機はパワーアップ制。

赤いカプセル(特定の敵編隊や、色違いの敵を倒す事により出現)を入手する事でパワーアップゲージが上昇。

パワーアップボタンを押す事でゲージの貯まり具合に応じたパワーアップを行なう。

キャッチコピー「1・9・8・5・宇宙が・マルゴト・ヤッテクル」を体現した様な美しいグラフィックのもと、ステージ毎にガラリと変わる背景と敵の攻撃。

ステージの最後に待ち受けるボス「ビッグコア」は、斉射されるレーザーをかいくぐって弱点のコア(と、コアを保護する遮蔽版)を狙い撃つ必要がある。

このビッグコアや同様のコアを持つボス敵は、シリーズ作品を代表する敵として後作にも様々な形で登場することとなった。

当時としては群を抜いたグラフィックとBGM、画期的なパワーアップシステム、良好な難易度バランス…どこをとっても良質な、STG史にその名を刻む不朽の名作。

現代の目で見ても十分良作に値するゲームといえる。

STGがどうしても肌に合わないという場合でもなければ、遊ぶ価値は大いにある。

コナミPCエンジン参入第一弾ソフトとして発売。

X68000版に劣らぬ忠実なグラフィックの再現度が注目されたが、解像度の関係で全ステージに上下スクロールがあり、グラフィックの色が薄暗いなどアーケードユーザーからは不評だった。

タイトルロゴやグラフィックの色やエクストラステージ、骨ステージのオリジナル面などから、一部MSX版の内容をミックスした移植となっている。

記事の引用元はここをクリック

グラディウス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【グラディウス(最新無料動画はここをクリック)】