沙羅曼蛇(PCエンジン)

【発売日】 1991年12月6日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”沙羅曼蛇 PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『グラディウス』シリーズ第2作目となるシューティングゲーム。

明記されていないが、本作はグラディウスの続編である。

本作は前作の横スクロールステージに加え、新たに縦STGに変貌する「縦スクロールステージ」が入り混じっている事が最大の特徴。

奇数面が横、偶数面が縦スクロールになっている。

本作では前作『グラディウス』と比べスクロールが速く、それ相応のテンポになっているので、非常にサクサクと展開する。

そのため1周にかかる時間は短め。

それ故に(最初のうちは)インカムが高かったようだ。

本作のビックバイパーのパワーアップ方式はやや複雑だったカプセル式から単に敵が落とすアイテムを拾うだけのアイテム式に変更されていて、ゲーム自体には非常に取っつき易くなった。

加えて、各種装備も強力な物が多く、3面道中のプロミネンス地帯の左下や6面中ボスの「ビッグコア」の真上等のプレイヤーに有利なバグ安全地帯も多く存在している為か、前作以上にパターン性が強い道中・ボスの存在も相まり、やり込めばSTG初心者でも簡単に1周クリアを狙えるバランスになっている。

グラフィックは前作以上に精密に書き込まれており、ステージも「プロミネンス」「アステロイド群」「細胞」と前作以上にバリエーションに富んでいる。

前作では申し訳程度だったステージ内の地形ギミックも非常に豊富。

書き込まれたグラフィックやデザインが統一された敵キャラクター、攻略難易度も相まってプレイヤーを飽きさせない。

前作では多くのステージのボスが『ビッグコア』に統一されていたが、本作ではステージ毎にボスが登場する。

巨大な脳みそに腕が腕が付いているという分かりやすいデザインのゴーレム、『ビッグコア』同様に青色のコアを持ち4本の触手状の腕を振り回す巡洋艦テトラン、炎ステージの奥で待ち受ける東洋調のドラゴンイントルーダ、壁に固定された要塞状の3体のコアという見た目の要塞ヴァリス、横に細長いメカのデス、目玉が付いた巨大な球体のゼロスフォースと、どいつもこいつも超が付く程個性的でステージ同様にプレイヤーを盛り上げてくれる。

前作『グラディウス』を継承しつつ、様々な新要素や進化した演出を取り入れた意欲作。

PCエンジン版はグラフィックの再現度は高いが、忠実な移植ではなかった。

PCE版『グラディウス』とは違いオリジナル色が強くなっている。

一人プレイ時は戻り復活となっている他、レーザーが短い、敵のアルゴリズムが違う等の変更点がある。

また、若干ステージ構成やボスキャラのパターンも違う。

記事の引用元はここをクリック

沙羅曼蛇(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【沙羅曼蛇(最新無料動画はここをクリック)】