ミズバク大冒険(PCエンジン)

【発売日】 1992年1月17日
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【メディア】 4メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ミズバク大冒険 PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年にタイトーからアーケードにてリリースされたコミカル横スクロールアクションゲーム。

水使いの末裔であるカバのヒポポを操り、突如現れた火の国にさらわれた仲間たちの救出と、火の国のボス、ファイヤーサタンを倒しにいくというストーリー設定。

1人~2人交互プレイ可能、全7ラウンド、各ラウンドは複数のステージにて構成されている。

タイトーの十八番であるコミカル路線アクションの一つである本作だが、その存在感は決して大きいとはいえず、マイナーな部類に入ってしまうゲームであった。

水を駆使して火の敵を倒すゲームシステムは、子供にも分かり易く評価が高い。

シンプルな操作性や当時のタイトー主要基板である「F2システム」を駆使したダイナミックな演出、色々と和ませてくれる可愛らしい絵柄も相まって、その評判は決して悪くなかった。

丁寧に描写されたファンシーな世界と、個性溢れるキャラクターの数々。

どのステージも色彩豊かで、独自の仕掛けがあり、飽きさせない作りになっている。

難易度は決して低いとはいえないものの、ゲームバランスは上質で極めて丁寧な作りになっている。

良い意味でタイトーらしいコミカルで明るくてちょっと難しい正統派ファンタジーアクションというべき一作。

キャラクターは如何にも子供向けだが、難易度は大人向けというギャップのある、骨太なアクションゲーム。

とはいえ、あまりにも子供向けすぎる見た目から、ゲーマーの注目は他の派手なゲームに向かいがちで、数多くのACゲームの一つとして埋もれてしまった。

だが、良質なゲームを数多く排出した当時のタイトーらしいゲームに仕上がっており、完成度の高い作品といえるだろう。

移植などもされているので是非とも一度は遊んでもらいたい。

PCエンジン版は、原作にあった回転機能などを使った演出や各種デモの削除、一部ステージの差し替えなどの相違はあるが、ゲーム性を損なわず丁寧に移植した良作となっている。

完全移植にこだわらなければ、特に不満のない内容であろう。

敵耐久が少し柔らかくなっているほか、敵の攻撃も若干控えめになった。

記事の引用元はここをクリック

ミズバク大冒険(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ミズバク大冒険(最新無料動画はここをクリック)】