極楽!中華大仙(PCエンジン)

【発売日】 1992年3月13日
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【メディア】 3メガビットHuCARD
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”極楽 中華大仙” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にタイトーからリリースされたアーケード用横スクロールシューティング。

システム自体は非常にシンプルかつオーソドックスな作品だが、タイトル通りコミカルで中華風味な世界観が特徴で、当時としては結構珍しい外見であった。

自機であるマイケル・チェンが非常に孫悟空そっくりな容姿(筋斗雲のような雲に乗っている)だったり、沙悟浄似のボスが登場するなど、西遊記をモチーフにしたような中華風の世界観とキャラクターが特徴となっている。

特に複雑なシステムは持っていないシンプルなシューティングである。

使うボタンはメインショットと法術の二つで、双方とも使用制限は一切無い。

わかりやすいシステムで、プレイヤーを問わないお手軽さを持つ。

各法術も、着弾すると弾をまき散らす爆弾や、宙に停止する円形の炎を出すなど、なかなか独創的。

当時のタイトーは、誰を狙ったかのかよくわからない地味な作風のアーケードゲームをリリースしていた頃があり、本作もそのうちの一つである。

コミカルで個性的な世界観や音楽が特徴ではあるが、取り立ててプレイヤーを強く惹き付けるほどの大きな魅力といえるものもない、素朴で華のない作品である。

PCエンジン版は、純粋な移植ではなくリメイク作として発売された作品。

新システムとして左右への自機振り向き動作が導入された。

主人公とバックストーリーの刷新の他、ステージ構造もかなりの変更がなされ、基本システムと世界観以外はほとんど別ゲーである。

記事の引用元はここをクリック

極楽!中華大仙(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【極楽!中華大仙(最新無料動画はここをクリック)】