スナッチャー(PCエンジン)

【発売日】 1992年10月23日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【価格】 7,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”スナッチャー PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

サイバーパンクアドベンチャーと称する名作アドベンチャーゲーム。

小島秀夫監督の映画的作風を確立し、またゲームデザイナーとしての名を知らしめた作品。

オーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャーゲーム。

近未来都市ネオ・コウベ・シティでの、ギリアン・シードの活躍を描く。

その物語はまさにハードボイルド。

舞台も「サイバーパンクアドベンチャー」と称する通り、世界観は暗めで退廃的な雰囲気に包まれている。

これは映画「ターミネーター」及び「ブレードランナー」の影響による。

小島監督自身も「特にブレードランナーに影響を受けた」と口にしている。

小島監督の評価と、その後の作品の方向性を決定付けた作品。

小島監督は元々映画監督を志望していたが、それをゲーム上で具現化したものが本作と言える。

当時ゲームとしてSFそのものは珍しくないものの、映画的な面も含めその緻密な作りは他とは一線を画していた。

まさに映画を見ているかのような作品である。

オリジナル版は話が未完のまま終わっていたが、それを完結させ、PCエンジンへと移植したのが本作である。

媒体はコナミとしては初となるCD-ROMであった。

説明書内にゲームの前日談となる描き下ろしコミックが収録されているほか、別冊で60ページにも及ぶ設定資料集が同梱されている。

作中ではほとんど関係しない細部にわたってまで緻密に作られた世界観と設定に、作品に対する強いこだわりと愛が感じられる。

CD-ROMの大容量を生かし、キャラクターにボイスをつけている。屋良有作(ギリアン)、小山茉美(メタルギアmk-II)、塩沢兼人(ランダム)、井上喜久子(ジェミー)など有名&実力派声優がずらり。

PCE以外にも移植作品が存在するが、事情により大幅な修正などが行われており、PCE版が唯一の完全版と呼べるものとなっている。

記事の引用元はここをクリック

スナッチャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スナッチャー(最新無料動画はここをクリック)】