テラクレスタII(PCエンジン)

【発売日】 1992年11月27日
【発売元】 日本物産
【開発元】 メイクソフトウェア
【価格】 6,900円
【メディア】 4メガビットHuCARD
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”テラクレスタII” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アーケードにて1985年にリリースされ、その後もファミコンなど多機種にわたって移植された人気作『テラクレスタ』の家庭用オリジナル続編にあたるソフト。

基本的なシステムは前作を踏襲、まさに正統進化な続編といったところか。

一人プレイ専用、全6ステージ構成(各ステージはいくらかのエリアに分かれている)。

それに加え、二分間、五分間スコアアタックモードあり。

前作同様、本作は自機である一号機を操作し、途中で現れる仲間機であるニ~五号機の4機と合体する事によりパワーアップ、合体後に合体状態とフォーメーション化を使い分けるシステムを採用している。

ゲームが始まる前(もしくはコンティニュー直後)に任意でフォーメーションエディットが可能。

5体の機種のフォーメーション配置を自由に変更できる。

全6ステージとさほど多いステージ数ではないのだが、クリアするのに普通にプレイしても1時間近くかかる。

これはゲームテンポが同期のPCエンジンシューティングに比べもったりしているのと、過剰なまでにステージの引き伸ばしがあり、とにかく冗長であるのが原因である。

敵破壊の爽快感やパターンを覚えて攻略していく面白さ、フォーメーションによる攻撃のバリエーションを使い分ける楽しみ、随所での稼ぎ要素など、シューティングとしてはきちんと作られている。

前作での極端な自機の遅さの問題も、今作では改善された上にキャラバンシューティングにあるような自機スピード調整システムも改善を後押ししている。

引き伸ばし、処理落ち、間延びの多さが目に付くのは頂けないものの、特にクソゲーと呼べるような致命傷は無く、ちゃんとテラクレスタらしい一面を持ち合わせている。

すでにPCエンジンHuカードの需要は枯渇しており、本作は有名シリーズの続編にもかかわらずその存在が知れ渡る事も無かった。

生まれる時期がもう少し早ければ、少しは有名作になれたかもしれない不遇の一作である。

記事の引用元はここをクリック

テラクレスタII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【テラクレスタII(最新無料動画はここをクリック)】