ブライII 闇皇帝の逆襲(PCエンジン)

【発売日】 1992年12月18日
【発売元】 リバーヒルソフト
【開発元】 リバーヒルソフト
【価格】 8,191円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ブライII 闇皇帝の逆襲” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PC-98で発売された『BURAI 下巻 完結編』の移植版。

大幅な仕様変更からか、タイトルは『BURAI下巻完結編』ではなく『ブライII 闇皇帝の逆襲』である。

シナリオ・ゲームデザインに飯島健男。キャラクターデザインに荒木伸吾・姫野美智。BGMに今給黎博美と言う豪華な顔ぶれである。

家庭用向けゆえか、RPGとしての難易度は元となるPC-98に比べた場合や、RPG全体で見てもかなり低い。

攻略順序が決まっている事で初心者にも徐々にシステムを理解していくような仕様になっており、難易度も変化する等とっつきやすくなっている。

最大8人のパーティー構成。

RPG全体でみるとそれほど多い数では無いが、この頃に8人同時と言うのは稀。

本作では画面下部に8人分のキャラクター顔グラフィックと上記ライフ・精神力が表示される。

ステータス異常が発生すると顔グラフィックにアイコンが重なって表示される。

ダメージを食らったり回復した場合、顔グラフィックに数字が表示され、余計なウィンドウを表示しない工夫がなされている。

アニメーションが搭載、声優によるボイスも追加された。

濃厚なストーリーと広大な世界観で評判の良かったBURAIシリーズの最終作。

PCEと言うハードをフルに生かしたグラフィック・サウンド・システム変更から、完成度の高い完結編、完全版と言っていい仕上がりになっている。

一方で初心者にはシリーズ最大のウリであるシナリオの説明不足、前作プレイヤーにはテンポの悪化という、最大の魅力を殺す矛盾を抱えている。

双方のプレイヤーを十分満足させる方法は無かったのだろう。

記事の引用元はここをクリック

ブライII 闇皇帝の逆襲(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ブライII 闇皇帝の逆襲(最新無料動画はここをクリック)】