ホラーストーリー(PCエンジン)

【発売日】 1993年2月26日
【発売元】 NECアベニュー
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ホラーストーリー PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年に今は亡き東亜プランがリリースした、強制横スクロール型アクションシューティングゲーム。

東亜プランには珍しいホラーモチーフの世界観を、ポップなデザインで構築したコミカル色の強いゲームである。

世界各国を舞台に、様々な幽霊や妖怪、モンスターたちを相手に戦い抜き、長き眠りから目覚めんとする魔王ディモーンの打倒を目指す。

ショット&ジャンプで自機(主人公)を操る事になるのだが、ボス戦以外は常に強制スクロールであるため、それを念頭に置く必要がある。

コミカルホラータッチの独特な世界観。

ビジュアル面含めて全てコミカルタッチであり、おどろおどろしいながらも愛嬌ある世界観を形作っている。

強制スクロール型のアクションシューティングという関係上、任意スクロールのように自分のペースで進む事はできないため、同ジャンルの他作品同様、難易度は高い。

ただでさえ東亜プランの中でもかなりマイナーな存在なのに、ショット性能の弱い自機性能や操作のクセの強さが災いして、多くのプレイヤーから馴染められず、早々と店から姿を消してしまった。

東亜ファンからして見ても「存在すら知らなかった」「存在は知っていたが、あれが東亜製だったとは知らなかった」という人は結構いるはず。

その位に東亜らしくないゲームであった。

PCエンジン版は、唯一の家庭用移植。

中国ステージから始まる物を移植している。

CD-ROM2関係としては珍しく、BGMのCD-DA音源版アレンジ化以外はなかなか忠実な移植。

2人同時プレイもきちんと再現されている。

ただし、プレイヤー側ショット性能の強化(特にボンバーの連射性能強化が顕著)、敵キャラの耐久力減少など若干のアレンジが加わっており、AC版よりは遊び易くなっている。

記事の引用元はここをクリック

ホラーストーリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ホラーストーリー(最新無料動画はここをクリック)】