A列車で行こうIII(PCエンジン)

【発売日】 1993年06月11日
【発売元】 アートディンク
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”A列車で行こうIII PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

A列車で行こうシリーズの三作目。

本作より大幅にシステムを変更、本格派箱庭ゲームとして以降のシリーズの基盤を作り上げた。

鉄道会社の経営者となり、自社と地域の発展を目指す。

事業内容は鉄道だけではなく、他の業種もあり、それらを合わせ経営していく事となる。

登場する車両は実在したものを採用している(一部例外あり)。

クォータービューの箱庭ゲーム。

箱庭要素は前作までもあったが、どちらかと言えばパズル的な色合いが強かった。

本作ではそれらを一新。

箱庭要素の重点を置いた経営ゲームとなっている。

一方で鉄道運営の路線構築やダイヤ構成など、前作にあったパズル的な面も残ってはいる。

ステージはあらかじめ用意され、全部で6つある。

全て外部からの路線が引かれており、発展のための起点となる。

他業種はあるものの、やはりメインは鉄道事業。

本作の鉄道事業は、比較的安定した利益を生み出す事ができる。

路線の建設と、車両の選択、ダイヤやポイントなどの運行の決定などが中心の業務。

これらを効率的に組み合わせ利益を上げていく。

会社と地域の発展と共に広がっていく鉄道網。

横へ上へと伸びていくビル街。

さらに遊園地やスタジアムは町のアクセント。

それらが作り上げる夜景は、本作の見ごたえあるものの一つだ。

正に成長する鉄道模型とでもいうべきか。

そんな光景を作り上げるのが、本作の醍醐味である。

PCエンジン版は専用マウスにも対応し、かなり再現度の高い移植となっている。

しかし「メモリーベース128」という大容量記録ユニットが必須(なくても遊ぶことは出来るが)だったこともあり、少々ハードルの高いゲームとなってしまった。

記事の引用元はここをクリック

A列車で行こうIII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【A列車で行こうIII(最新無料動画はここをクリック)】