マーシャルチャンピオン(PCエンジン)

【発売日】 1993年12月17日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 格闘ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”マーシャルチャンピオン PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1993年2月10日にコナミよりアーケードゲームとして稼動された対戦型格闘ゲームである。

同年12月17日にはPCエンジンのSUPER CD-ROM2用ゲームソフトとしても発売された。

コナミのアーケード対戦格闘としては『イー・アル・カンフー』(1985年)および『ギャラクティックウォーリアーズ』(1985年)以来約8年振りの作品となったが、当時流行した『ストリートファイターII』(1991年)の類似作品の一つとして埋もれてしまったこと、各キャラクターに必殺技が2つしか用意されておらず、ゲームとしての駆け引きの面白みに欠けたことなどから出回りが悪く、非常にマイナーなゲームと化してしまった。

プレイヤーは10人のキャラクターのうち1人を選ぶ。選んだキャラクターは8人が参加するトーナメント表の一番左に配置され、一回戦、準決勝、決勝と勝ち抜いていくが、準決勝と決勝で一人ずつ乱入者がいるため、トーナメント優勝まで5人と対戦することになる。

優勝決定後、トーナメントの前回優勝者であり主催者でもあるサラマンダーと対決し、勝利するとエンディングが見られる。

キャラクター11人のうち5人は武器を持っており、相手の武器を落として自分の物にすることにすることができる。

ただし武器を持っている状態で相手の武器を拾うことはできない。

武器を持っていないキャラクターが武器を拾うとリーチが広がるなどの特典があるが、相手キャラクターの技を使うことはできない。

PCエンジン版は唯一の家庭用移植となったが、ハードの制約からキャラクターが業務用より小さくなり、背景や画面演出も簡素化されたが、体力が減ると使用可能になる隠し技(いわゆる超必殺技)が追加されている。

記事の引用元はここをクリック

マーシャルチャンピオン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マーシャルチャンピオン(最新無料動画はここをクリック)】