爆笑 吉本新喜劇 今日はこれぐらいにしといたる(PCエンジン)

【発売日】 1994年1月3日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン、吉本興業
【価格】 6,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”吉本新喜劇 今日はこれぐらいにしといたる” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

吉本新喜劇を題材とした始めてのゲームであり、1994年のPCエンジン発売一番乗りソフトでもある。

タイトルの「今日はこれぐらいにしといたる」とは新喜劇の座員である池乃めだかのギャグで、自信満々に喧嘩を挑んでおきながらボコボコにされて逃亡しつつこのセリフを吐くのがお決まりとなっている。

プレイヤーはカンペーちゃん(間寛平)を操作し、各ステージの様々な舞台を進むのが目的である。

カンペーちゃんを移動キーとジャンプボタンにて操作して先に進む。

原則としてそれだけで、特に直接的な攻撃手段やテクニックを要する特殊動作は無い。

強いていえば、ジャンプで通行人らを踏めたり(倒すのではない)、変身アイテムを取ると無敵化して通行人を吹っ飛ばしたり、とあるギミックを踏むと高くジャンプできたりする場合などがある位。

当時の吉本新喜劇のメンバーが勢ぞろいしており、そのメンバーはかなり豪華である。

しかも本人のギャグネタや、アフレコによるボイスが収録されている。

主人公の間寛平の他にも、池乃めだか、チャーリー浜、島木譲二、吉田ヒロ、今いくよくるよ、各氏など、かなりの豪華キャスト。

その出演数はなんと総勢22人とやけに太っ腹である。

オープニングからいきなり間寛平の「まいど~」で始まり、ステージ中でもチャーリー浜の「ごめんくさい」、島木譲二の「大阪名物パチパチパンチ」、池乃めだかの「許してくだせぇお代官様ぁ」、などとところかしこに定番ギャグがちりばめられている。

デフォルメされた各キャラの表情もやけに細かく、出演陣の顔も似ている。

デフォルメ状態で行われるギャグシーンはファンにとっては一見の価値ありかもしれない。

ステージによってカンペーちゃんの衣装が変わり、ステージの舞台背景も一変するなど、コミカルさを強調した展開となっている。

はっきりいって吉本新喜劇のファンアイテムの趣旨が強く、純粋にゲームとして見ると、簡単すぎるショボいゲームでしかない。

出演陣の豪華さは今見ても凄く、流石は大物キャストを遠慮なく起用する事にぬかりのないPCエンジンならではの一作。

ゲームとしては褒められた出来ではないが、ここまで豪華にバカに徹せられるパワーを持ったゲームは、ある意味貴重かもしれない。

記事の引用元はここをクリック

爆笑 吉本新喜劇 今日はこれぐらいにしといたる(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【爆笑 吉本新喜劇 今日はこれぐらいにしといたる(最新無料動画はここをクリック)】