真・女神転生(PCエンジン)

【発売日】 1993年12月25日
【発売元】 アトラス
【開発元】 イスコ
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”真・女神転生 PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

「敵との会話・交渉」「COMP(コンピューター)で仲魔(仲間の悪魔)を召喚」「悪魔合体」など、独特の要素を持つRPG『女神転生』シリーズの3作目。

前作まではアトラスが開発しナムコが販売していたが、今回からアトラスのブランドで制作販売された。

前作までに含まれていた原作小説第1作のサブタイトル『女神転生』が外され、以降の『真』シリーズにおける実質的な初代作品と言える内容になっている。

『女神転生II』で確立された世界設定をさらに膨らませ、新たな概念も加え、これまでのRPGと一線を画す単純な勧善懲悪的な善悪の概念を超えたストーリーを持つ。

金子一馬氏による個性的な悪魔デザインも健在。

日常から非日常への遷移、かつての仲間達との思想的な決別、必ずしも世界の救済を意味しない自己完結的なエンディングなど、極めて重厚な終末思想的テーマが貫かれており、こういった宗教もしくはサブカルチャー文学の領域をゲームに結びつける手法においては「パイオニアかつ一つの頂点を築いた」作品といえる。

神(唯一神)に近い側が「ロウ」、多種多様な悪魔との共存を目指す側が「カオス」に当たる。

前作にも登場した宗教の存在が本作ではよりクローズアップされており、ロウ側の「メシア教」とカオス側の「ガイア教」という二つの宗教が対立している。

戦闘、合体、会話等の基本は、ほぼ『女神転生II』を引き継いでいる。

新要素として特定の剣と悪魔が合体可能になった。これにより強力な剣が作り出せる。

また、独自の合体法則をもつ組み合わせも増えた。

ダーク悪魔同士の合体、メシア教徒/ガイア教徒と悪魔の合体(ランダム要素を持つ)など。

レア悪魔「魔人」が登場するようになった。

前作の流れを持ち込みつつも、ロウ・カオス軸の採用、それを活用し作りこまれたシナリオは、プレイヤーの行動と選択の影響が目に見えてあらわれ斬新であった。

ゲームとしては粗い部分もあるが、それを上回る魅力を秘めた作品であることは確かだろう。

PCエンジン版は、SFC版のほぼ忠実な移植。

一部イベントでは、ビジュアルシーンが表示されたり、CD-DAによるBGMやボイスが使用されたりと、CD-ROMの恩恵を受けている部分はある。

しかし、CD-ROMからの頻繁なロードがやる気を削ぐのも事実で、全体としてはSFCの劣化版といっても差し支えない。

通常戦闘なのに十数秒の待ち時間もザラなのにエンカウントはSFCと同等とハード面の差を考えても酷い。

記事の引用元はここをクリック

真・女神転生(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【真・女神転生(最新無料動画はここをクリック)】