ゴジラ爆闘烈伝(PCエンジン)

【発売日】 1994年2月26日
【発売元】 東宝
【開発元】 アルファシステム
【価格】 8,200円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ゴジラ爆闘烈伝” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

「ゴジラ」シリーズなどの有名な怪獣映画の怪獣を題材にした対戦格闘ゲーム。

ゴジラゲームは数多く作られていたが、シンプルかつ単純に怪獣対怪獣で殴り合いができる家庭用は本作が初である。

ストーリーは特に無い。

が、ステージ毎に戦える相手が決まっており、二種類から選んで挑戦する。

道中で稼いだ点数により挑戦できるラストボスが変化。

ラストボスは6種類。

登場怪獣がファン垂涎のラインナップ。

ゴジラ・アンギラス・ラドン・メガロ・ヘドラ・ガイガン・キングギドラ・メカゴジラ・バトラ(幼成虫)・ビオランテ(花獣植獣形態)・スーパーX2。

キングギドラは昭和版と平成にメカを収録。

メカゴジラも初代・2・スーパー(平成版)と三種類。

対戦相手に応じてゴジラの姿が代わり、顔・鳴き声・熱線等の色やギミックが10種類に変化する。

それに伴い、画面下部に書かれているゴジラの肩書きや顔グラフィックも変化する。

CD容量なので怪獣の鳴き声再現が高く、参戦怪獣全種が映画さながらの鳴き声を発する。

ビオランテを倒すと金色の粉になって消えていく・体力が減ると首が吹っ飛ぶメカゴジラ2等、原作再現演出は非常に細かい。

ゴジラ

アンギラス

ラドン

キングギドラ(昭和版)

ヘドラ

ガイガン

メガロ

メカゴジラ(初代&2)

スーパーX2

ビオランテ(花獣&植獣)

キングギドラ(平成版)

メカキングギドラ

バトラ(幼虫&成虫)

スーパーメカゴジラ

記事の引用元はここをクリック

ゴジラ爆闘烈伝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゴジラ爆闘烈伝(最新無料動画はここをクリック)】