アドヴァンスドV.G.(PCエンジン)

【発売日】 1994年07月22日
【発売元】 戯画
【開発元】 戯画
【価格】 9,504円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”アドヴァンスドV.G. PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PC98でリリースされた18禁格闘ゲーム『ヴァリアブル・ジオ』シリーズの移植版。

シナリオ上はパラレルワールドであり、一部人物設定などに矛盾がある。

同様にパラレルワールドとなる移植作品にはSFCの『スーパーヴァリアブル・ジオ』が存在している。

「ヴァリアブル・ジオ」とは最強のウェイトレスを決める格闘技大会であり、様々な飲食店から腕に覚えのあるウェイトレス達が優勝賞金10億円と、その所属企業に与えられる伝説の一等地を巡って激しい戦いを繰り広げる。

従って、本作のプレイキャラはあるキャラを除いて全員が女性である。

当時の格闘ゲームとしては特殊なシステムは無く、またコンシューマ移植によりエロパートが無くなった事で特徴はやや薄れている。

一部の技でパンチラする程度。

ただしPCエンジン版では15歳ロリ娘の下着姿などが拝める。

各キャラの必殺技は2種類+超必殺技1つ。

またガードされると削れない「特殊技」も存在し、更に続編などで技が追加されている。

飛び道具もあるが発射速度と使用間隔の都合で「ジャンプして避けながら接近→ジャンプ攻撃」という形で攻められやすい。

元がエロゲーなので「当然」といえば当然なのだが、そういった用途を想定しなくてもそれぞれ魅力的。

因みに続編までのキャラクターデザイナーは『勇者王ガオガイガー』シリーズで有名なあの木村貴宏である。

また、当時はまだ新人だった野上ゆかなや手塚ちはる、椎名へきるなど声優が豪華。

エロゲーの移植でありヒロインだけの格闘ゲームということでイロモノ扱いされがちだが、バランスがかなり悪かったオリジナル版と比べても進歩し他の格闘ゲームと肩を並べられる出来になっている。

とはいえ、ガッチガチにチューンされた廃人仕様の格闘ゲームには程遠くマニアなプレイヤーにはあまり向かない。

絵柄が気に入って格闘にも興味がある、というのであればオススメ出来る。

記事の引用元はここをクリック

アドヴァンスドV.G.(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アドヴァンスドV.G.(最新無料動画はここをクリック)】