ゲッツェンディーナー(PCエンジン)

【発売日】 1994年11月25日
【発売元】 NECホームエレクトロニクス
【開発元】 ガイナックス、スタジオアレックス
【価格】 7.800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ゲッツェンディーナー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1994年11月25日にNECホームエレクトロニクスがPCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフトとして発売したアクションロールプレイングゲーム。

制作はガイナックス、開発はスタジオアレックス。

キャラクターデザインを『プリンセスメーカー』(1991年)などを手がけた赤井孝美、シナリオを『夢幻の心臓』(1984年)や『ソーサリアン』(1987年)、『ダイナソア』(1990年)などを手がけた富一成が担当している。

タイトル名「ゲッツェンディーナー」とは、“偶像崇拝者”のこと。

本企画はゲーム誌『電撃PCエンジン』の連載小説として開始した。

著者は菅浩江、連載期間は1994年2月号 – 7月号。

その過程でゲーム化が発表され、小説の完結後にソフトが発売された。

ゲームは当時まだ珍しかった第三者視点による斜め見下ろし型(クォータービュー)のレイアウトを採用している。

本編中では一切の文字情報が表示されず、キャラクターの台詞がボイスで表現されるわけでもない。

プレイヤーは画面中のグラフィックの変化等を頼りにゲームを進行していく。

しかし物語の展開が完全な一本道な上にアクションロールプレイングゲームとしては操作がかなり優しく、画面中で得られる情報を元に進めていけば確実にエンディングに辿り付けるほど難易度は低い。

そのため本作は「二度三度と遊べるゲーム」とは言えない。

記事の引用元はここをクリック

ゲッツェンディーナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゲッツェンディーナー(最新無料動画はここをクリック)】