ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説(PCエンジン)

【発売日】 1994年11月11日
【発売元】 バンダイ
【開発元】 ベック
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1994年11月11日にバンダイから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用ゲームソフト。

『週刊少年ジャンプ』誌上で連載されていた漫画『ドラゴンボール』(1984年 – 1995年)およびテレビアニメ『ドラゴンボール』(1986年 – 1989年)、『ドラゴンボールZ』(1989年 – 1996年)を題材としたアクションゲーム。

当時は格闘ゲームブームということもあり、『ドラゴンボールZ』のゲーム作品は対戦型格闘ゲームが多かったが、本作では原作のスピーディーな戦いを再現することに主眼に置いた新しいシステムを採用している。

メーカーは「プレイング・アニメーション」と名付けている。

媒体にCD-ROMを採用したことにより、テレビアニメ版の主題歌を使用したオープニングの再現や、アニメと同じ声優陣による完全フルボイスを実現している。

ゲーム中も、スプライトとBG(バックグラウンド)を使用したプログラムによるアニメーションデモにより、原作のシーンを再現している。

章を選択するとアニメーションデモのあとにバトルへと移る。

ゲームは孫悟空もしくは孫悟飯を操作して半オートで戦う「オートバトル画面」を中心に展開し、そこでパワーバランスを振り切ると、必殺技で相手にダメージを与えることができる「チェーンヒット画面」へと切り替わる。

悟空があの世から帰ってくる天下一武道会を翌日に控え、父親を知らない悟天のために悟飯が、過去の主な戦いを題材に父親がどういう人物だったのかを回想するというもので、回想中の戦闘シーンをプレイヤーが操作することになる。

孫悟空  声 – 野沢雅子

孫悟飯  声 – 野沢雅子

桃白白  声 – 岸野幸正

天津飯  声 – 鈴置洋孝

ピッコロ大魔王  声 – 青野武

ピッコロ  声 – 古川登志夫

ベジータ  声 – 堀川亮

フリーザ  声 – 中尾隆聖

セル  声 – 若本規夫

孫悟天  声 – 野沢雅子

クリリン  声 – 田中真弓

ブルマ  声 – 鶴ひろみ

ヤムチャ  声 – 古谷徹

チチ  声 – 渡辺菜生子

ミスター・サタン  声 – 郷里大輔

亀仙人  声 – 宮内幸平

トランクス  声 – 草尾毅

ビーデル  声 – 皆口裕子

16号  声 – 緑川光

ナレーション  声 – 八奈見乗児

記事の引用元はここをクリック

ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説(最新無料動画はここをクリック)】