卒業II Neo Generation(PCエンジン)

【発売日】 1994年12月23日
【発売元】 リバーヒルソフト
【価格】 8,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”卒業II PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

初版はPC-9800シリーズで発売されたのちに様々なコンシューマー機に移植された作品であり、2年前に発売された前作と同様に32bitゲーム機黎明期における代表的なギャルゲーとして有名な作品である。

前作に引き続き、プロデューサーは窪田正義が務めており、キャラクターデザインは こばやしひよこが担当している。

前作と同様、教師である主人公が名門・清華女子高等学校の3年B組に結集した5人のそれぞれに個性的な問題児を指導し、生徒たちを無事に卒業させるとともに一流大学合格を目指すという内容。

その他の基本システムも前作のシステムを踏襲しつつも、多少の追加要素がある。

数字には表示されない”隠しパラメータ”なるものも存在し、攻略する上で大変重要になってくるため、この隠しパラメータも気にしつつ生徒達を育てなければならない。

したがって、周回プレイにて同じキャラを同じパラメータにしても全く違う行動をすることもあり、キャラの人間らしさがより際立っている。

初版がPC98で発売され、その後は複数のプラットフォームに移植されて人気を博した、ギャルゲーの歴史を語る上で外せない歴史的作品。

一方でレーティングの歴史を語る上でも沙織事件と共によく挙げられる。

前作からシステム面で大きく進化しており、ユーザーインターフェイスの向上により、大変プレイしやすい。

しかしシナリオ面は前作の二番煎じという感触が強く、とてもではないが革新的とは言い難い。

生徒たちの苗字はハナ肇・植木等を除いたハナ肇とクレイジーキャッツのメンバーから来ている。

石橋 美佐子  声 – 南場千絵子

犬塚 さおり  声 – 萩森じゅん子

シンディ桜井  声 – 浦和めぐみ

谷 由利佳  声 – 鈴木砂織

安田 舞奈  声 – 中島千里

記事の引用元はここをクリック

卒業II Neo Generation(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【卒業II Neo Generation(最新無料動画はここをクリック)】