姐(あねさん)(PCエンジン)

【発売日】 1995年2月24日
【発売元】 NECアベニュー
【価格】 7,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”姐 あねさん PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

NECアベニューがPCエンジン末期に放った異色作。

レディースの抗争をモチーフにしたファイナルファイト風スクロール格闘ゲーム。

葉山宏治の音楽やアクの強い強烈なグラフィックなどから見るに、かの名作バカゲー『超兄貴』の女性版を狙って作ったものと思われるが…

主人公の「愛」とそのマブダチ二人の中から一人を操作キャラに選び、次に攻め込むチームを選ぶ。

ステージは前後2部に分かれており、それぞれの最後にボス(前半ボスが副長、後半ボスが総長)が待ち受けている。

倒したボスはマブダチとなり、以降は操作キャラに選べるようになる。

とにかくカオスで強烈なグラフィック。

美少女ゲームの移植に定評のあるNECアベニューが開発しているせいなのか、アクの強いグラフィックに混じって普通にエロさや可愛らしさを感じるグラも同居しており、余計にカオスさを増している。

そういう意味では『超兄貴』の二番煎じに留まらない個性を出す事には成功しているとも言える。

戦闘中のキャラのモーションはなかなか細かく作られており、基本コンボも個性的。

つかみからの攻撃が「髪引っ張り」だったり、倒れた相手を蹴りまくれたり、ヤンキーらしい喧嘩を堪能できる。

数はとても少ないが、喧嘩中に画面下に「オラッ!」のようなセリフが出てくる、キャラそれぞれに固有モーションがあるなど、色々なキャラを動かす楽しみはある。

倒したザコが文字通り「九の字」になって飛んでいくなど、喧嘩特有の生々しさを緩和している要素も。

バイクの爆音演奏から「なめとんのかコラァ!」のシャウトで始まるOPを始め、妙艶かつダイナミックに独特の世界観を表現しきったBGMは健在。

『超兄貴』以上に人を選ぶ題材であった上にせっかくの個性的な要素もゲーム性に全く結びついておらず、ただ変なだけで終わってしまったゲーム。

ゲームの個性的な部分というのは骨子がしっかりしているからこそ評価されるものなのだろう。

『超兄貴』を参考にしていながら、その売りを読み間違えたゲームとも言える。

基礎部分をしっかり作りこんでいれば、もう少し違った評価が得られたかもしれない。

記事の引用元はここをクリック

姐(あねさん)(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【姐(あねさん)(最新無料動画はここをクリック)】