百物語 ほんとにあった怖い話(PCエンジン)

【発売日】 1995年8月4日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【価格】 6,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 サウンドノベルゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”百物語 ほんとにあった怖い話 PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1995年にてハドソンからPCエンジン スーパーCD-ROM2にリリースしたサウンドノベルメインのソフト。

ホラー小説『ほんとにあった怖い話』(朝日ソノラマ刊)にて寄せられた一般投稿による実話怪談をサウンドノベル化した作品である。

また、本作の監修は怪談タレントとして有名な稲川淳二氏本人の語りで描かれる怪談シナリオも収録されている。

ゲーム本編は原則1人プレイだが、ミニゲームは複数人でプレイする事を前提としたものがある。

ゲームを始めると100本の蝋燭がびっしりと並べられた画面に移行し、その蝋燭のどれかを選ぶと何かしらのシナリオが発生する。

シナリオを読み終えれば選んだ蝋燭の火が消える。

このゲームの最終的な目的は蝋燭100本をすべて選んで100のシナリオを鑑賞し、蝋燭全部を消す事にある。

どの蝋燭が何のシナリオなのかは選んでみないと一切分からない。

よって、好みのシナリオを任意で選ぶのは実質不可能となっている。

どの様な選び方をしようがシナリオ内容に一切変化はなく、最終的には必ずすべてのシナリオを鑑賞できる。

よって、特に選び方を意識する必要はない。

100本の蝋燭すべてを消せばタイトル画面に「おまけ」という項目が追加される。

これはいわゆるミニゲーム集に該当し、計3つのミニゲームがプレイ可能となる。

本作はシナリオを読み進める事だけに特化したサウンドノベルである。

1シナリオあたりの話の長さは短編だけあってどれもすぐに終わる。

シナリオの長さには強弱があり、長いものは10分以上かかるが、短いものは1分もかからない。

その辺はどうしても物足りなさを感じるが、さくさく読み終えられる軽快さは持っている。

説明書によると「お子様や心臓の弱い人単独のプレイは控えるように」といったお約束な注意事項の他に…

「ゲームプレイの内容を他人に明かすと災いが降りかかるかもしれない」

「霊感の強い人はスタッフがプログラムしたものとは無関係なものが見えるかもしれない」

「ヘッドホン使用中は背後の気配に気を付けるように」

といった表記がされている。

なんて恐ろしい…。

良くいえば怪談ゲーム初心者には非常に適任だと思われる作品で、話の雰囲気作りは至って上質である。

そういう意味では(ちょっと変な言い方だが)「適度な恐怖を味わえる安定感重視な怪談集」といえる。

しかし、ゲーム的にはやり込めるような要素はなく、誰でも確実に全シナリオを拝む事が可能である。

そこを「楽」ととるか「面白みが薄い」ととるかで本作の評価は大幅に変わるだろう。

記事の引用元はここをクリック

百物語 ほんとにあった怖い話(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【百物語 ほんとにあった怖い話(最新無料動画はここをクリック)】