スーパーベースボール(スーパーカセットビジョン)

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーカセットビジョン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年発売。

キャッチフレーズは「一球入魂 好球必打」。

テレビ野球ゲームなどで実績のあるエポック社の野球ゲームソフト。

当時売り出し中で出演に制限のあった読売ジャイアンツの原辰徳が例外的にCMに起用され、巨人軍原辰徳のスーパーベースボールとして特別パッケージ版も出回った。

初期の野球ゲームとしては比較的オーソドックスなシステムであり、基本的な操作方法はその後のファミスタ等と比べても大きな差は無い(変化球や球速加減もあり)。ファミスタ以前の時代の野球ゲームとしてはいくつかの先駆的な特徴を搭載している。

各打者に打率が設定されており、ヒットと凡退で一定値ずつ変動する。

3割以上になると長打力が長け、2割を切ると長打力が低下する。

試合開始時は3・4番が3割打者で、9番は1割台。

代打には一時的な打率(.288または.388)が適用される。

守備側は投手交代するとその回のみ相手打者の長打力が打率1割ぶん低下する。

打者の左右の設定はランダムで決められるため、1試合ごとに変更される。

投手の左右の設定は右投のみ。

選手名などは全く無いが、アルファベットのA-Zに合わせ、26種のユニフォームカラーリングが選択可能。

セ・リーグは6種(C・D・G・S・T・W)、パ・リーグは3種(F・H・L)、大リーグはアメリカンリーグ4種(A・I・O・Y)とナショナルリーグ5種(B・E・M・P・R)の計9種のユニフォームがイメージされている。

また「J」は日本代表、「U」はアメリカ代表として日米対決が意識されている。

対応チームの無いアルファベットはオリジナルチームと考えて楽しむことができる。

アマレベルゲームでは守備は自動でたまにエラーもある。

プロレベルゲームでは守備を自分で操作するほか、球速も少し速くなる。

バッティングのボタンを押し続ければバッティング、一瞬だけ押せばバントとなる(スリーバント判定あり)。

マニュアルにはボタンを短く押せばバントのように書かれているが、時間的に短く押すのであって、距離的に短く押すこと(半押し)ではない。

牽制や走塁でタッチプレーあり(野手側は走者より速く走る)。

記事の引用元はここをクリック

スーパーベースボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーベースボール(最新無料動画はここをクリック)】